嵐山(嵯峨野)の紅葉はいつもと違って綺麗な紅葉の絨毯はないけど遠目なら大丈夫

すべてはうまくいっている紅葉の写真

Sachi です♪

 

カメラ仲間と京都の嵐山へ紅葉撮影に行ってきました~

 

まあ~~~人が多かったです(ーー;) ってその中の一人でもありますが。 あまりに人が多くて竹林の道を、ぞろぞろ、ぞろぞろ歩くことになるなんて・・・私らはツアー客かよっ!て感じでした。 で、竹林の道を抜けてまず最初に訪れたのは・・・

 

すべてはうまくいっている竹林の道の写真

 

 

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

もう嵐山は範囲が限られているのでね、みんな行くところは同じです。

 

ここに最後に来たのが2013年ですから、2年振りのご対面~~♪ またあの紅葉が見れる~~~♪っと思ったのですが・・・・

 

ガーンΣ(゚д゚lll)マジで?

 

今年の紅葉の色づきがおかしいことになっている。今年は夏から11月中旬までずっと暖かかったせいなんでしょうね、それに暖かいのに雨が少なかったからなのか、葉は緑のまま・少し色づいたもの・赤いものっと、1本の木の中でも良く言えばグラデーションになっています。

 

でもですね、葉っぱがカラッカラなんですよ。チリチリしてます。そこに枯れた葉もそのまま木に残ってたりする。

 

どうしちゃったの~~君たち~~( ;∀;)っと声をかけても、遅いわけで・・・常寂光寺(じょうじゃっこうじ)の美しさを知っているだけに本当に残念でした。 っと、言うことはです・・・次に向かうはずの私の大本命の・・・

 

スポンサーリンク

 

厭離庵(えんりあん)

は、いったいどうなっているのか? 私の中では嵐山の紅葉の第1位なのです。あの濃すぎるまでの紅い紅葉に魅せられた一人です。あれをもう一度見るために来たと言うのに!!・・・期待薄・・・。

 

こちらも2013年の時に来ています。しかも人がまったく来なくて友達と貸し切り状態でした(笑) ちょっと怖くなるほどの濃すぎる紅い紅葉の絨毯と木にもまだ残っている上も下もで、まるで絵に描いたような最高の景色が忘れられなくて、やってきたのですが・・・

 

うっ!!入り口から見えるだけでも、ダメそうなのが分かります。少し回りをみてみましたが、やっぱり色がダメでした。諦めて次に行くことに。以前ブログでも紹介した宝筐院(ほうきょういん)に行ってみました。

 

嵐山(嵯峨野)宝筐院(ほうきょういん)

はい、こちらでも本来の美しさの紅葉ではなかったです。が!それでもまだここが一番 雰囲気がありました♪

 

すべてはうまくいっている紅葉の写真

 

こちらは畳に上がって、お庭をゆっくりと愛でることができるのが良い所なんですね。なのでお庭から見える紅葉を撮影してのんびりと楽しむことが出来ました。 今年は紅葉の絨毯がどこもダメでしたから、目線の高い紅葉を遠目に見る方が綺麗に見えていい感じになります。

 

でも、紅葉の絨毯・・・もう一度あの美しい紅葉が見たいですから、もう既に来年の撮影会は、再び嵐山!!で決定なのです。

 

 

 

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

◆京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

ホームページ

 

厭離庵(えんりあん)

◇京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町2

◇通常非公開のお寺で紅葉が見頃の時期にだけ公開されています。

 

宝筐院(ほうきょういん)

◆京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9

ホームページ

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

八千代の桜

2016.4.6

桜が綺麗に咲いているのはどこ?京都インクライン~哲学の道にサスペンス定番スポット☆カメラ散歩

Sachi です♪ 綺麗な桜を撮りたくて京都に行ってきました。と言うことで記録写真です。 「インクライン」からスタートです 南禅寺…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る