気づき本当の自分へ☆自由になりたくて探すけれどどこにもないと感じるのはなぜ?

すべてはうまくいっている紅葉の写真

Sachi です♪

自由になりたくて探すけれどどこにもないと感じるのはなぜ? っと思ったことがありますか?

 

私たちは、どれだけ状態(物質的・条件)と言うもので自由であったとしても、実は決して心から満足できないようになってます。

 

それは、私たちが本当に求めている自由というのは、意識の在り方の方だからなんです。

 

でも私たちは本当は・・・、

 

目の前の出来事をどう捉えてもいい、どう見てもいい「自由」を持っている。

 

周りの人がそれをどう捉えようと、私たちは 自分の好きなように捉えていいと言う「自由」を持っている。

 

そしてどんな時も、自分で選択していい、選択できる「自由」を持っている。

 

のです。既に最初から持っているその『自由』に気づかないまま、それを探しているんですね。

 

こうして文章にすると、そんなことくらい分かっている、そんなことは知っている、っと思うのがエゴなんですが、いかがでしょう?(笑)

 

でも本当に分かっている、知っているなら、悩み・問題っと言うのはなくなるはずです。

 

そして、自分が「自由」を持っているように、相手もまた「自由」を持っています。

 

スポンサーリンク

自分も自由・相手も自由

そこが本当に分かっていれば、例えばAさんだけが、私とは違う捉え方をしたとしても、

 

例えば私だけが、違う捉え方をしたとしても、

 

意見がどう分かれようとも、ただ、それだけのことですよね?

 

意見が分かれた、それだけのことなんです。

 

なので感情が揺さぶられることもないはずです。

 

でも!!「自由」に気づけていない、分かっていない「不自由」な人になってしまうと、

 

なぜAさんは!、なぜ他の人たちは!っと、自分とは違う考え方に、なぜ?、おかしい!っと納得がいきません。

 

そしてただの「意見の違い」を飛び越えてしまい「相手」の考え方そのものにフォーカスしていきます。

 

つまり相手の「自由」を批判して攻撃するってことです。

 

ではなぜ相手を批判・攻撃するの?

 

それはとっても簡単ですよね。自分の意見は正しいと信じているからです。

 

それが正しいと、良いと教わったから・・・それが世間の常識でもあるから・・・それが普通なんだから・・・だから私は正しいんだ。

 

だから相手が変わるべきなんだ!っと言うのがエゴの言い分なんですね。

 

エゴからの言い分なので、根底はすべて恐れからです。

 

なので相手の「自由」を認めない、認めたくない訳ですから、それが何を意味するのかと言うと・・・

 

それは持っている自分の「自由」も否定していると言うことなんです。 しかも無意識に!!

 

なのでもし今、自分には「自由」がないと思っているのなら、それはエゴ視点なのでそこから離れない限り、本当の自由は見えないよってことです。

 

でも、たった今、その考え方・捉え方を選択できる「自由」を持っているんですけどね♪

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

桜 撮影 京都 奈良 往復

2017.4.16

桜のために雨雲と鬼ごっこ♪京都と奈良を往復してみたらCMのコピーやん

撮影場所:東寺の桜 Sachi です♪ 今年の関西の桜は なかなか咲きませんでしたね~ なので3月下旬、EOS…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る