すべてはうまくいっている写真

バナナの皮からニワトリにハチにキスと自由な思考と発想に脱帽☆イグノーベル賞は笑えます

Sachi です♪

 

皆さんはご存知でしたか?ノーベル賞ではなくて、イグノーベル賞。 「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞なんですって☆

 

ユーモアを大真面目に研究すると聴いて、素敵な賞だな~っと思いました。今日知りましたけどね(笑)

 

そして日本人は今年も受賞していて、これで9年連続受賞だと、ビックリです。なぜ私は聴いたことがなかったんだろう・・・涙( ;∀;)

 

イグノーベル賞は毎年テーマがあるとかで、去年は ” Food “ 食べ物

 

その中で笑ったのが、バナナの皮が実際どれくらい滑りやすいのかを具体的な数値を計測した研究が受賞されたって言うもの。面白すぎです(^○^)

 

それが一体、何の、誰の役に立つのかなんて言う深刻な目線ではなくて、ただそれに対しての無邪気な疑問?と言うのか、そこを夢中になって研究できることが、個人的にはかなりいいな~好きだな~っと思ったんです。

 

そして2015年のテーマは「LIFE」その中で笑ってしまったのが

 

スポンサーリンク

◆生物学賞◆ ニワトリのおしりに人工しっぽをつけると、歩き方が恐竜に類似することの観察 ◆

っというもの。

 

いやいや、なんでそもそもニワトリのおしりにしっぽをつけることと恐竜が浮かぶのか?って、その思考に超ウケてしまいました。

 

その制限も限界も枠もな~~んにも感じられない、自由な思考に素敵すぎる!っと。 私の思考なんてまだまだ常識くさいんだな~っと知ることができました。やっぱり科学者の方って言うのは、意識が空(くう)だな~っと思いましたね。

 

あと、こちらも笑いました。

◆生理学・昆虫学賞◆ミツバチに刺されると体のどの部位が最も痛いのか解明

なぜわざわざそれ?(笑) しかもどこもそこそこ痛いと思うし。

 

でも受賞したのは、

◆医学賞◆ 熱烈なキスなどが、どのような生物学的影響があるのかを調べた研究 ◆

だそうですね。 これはキスをすることで花粉症などのアレルギー反応が低減することを実証したらしいです。

 

すぐに人の役に立つことも、まったく人の役にも立たない事も、

 

すぐに何かの役に立つことも、まったく何の役にも立たない事も、

 

やはり片方だけでは成り立たない、簡単に素晴らしいと評価されることも、簡単に素晴らしいとは評価されないことは、二つで一つとして成り立っている。

 

今回のイグノーベル賞で、やっぱり価値は同じである ということを再確認できて面白かったです♪

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

    関連記事

    1. スピリチュアルとサイキックは別のものスピリチュアリティは生き方・意識の…

    2. 2年使ったのでワードプレスのテーマを変更してリニューアルしてみました☆…

    3. 時間がないと言うのも疲れたと言うのもエゴの方でハートはいつも健在です

    4. フェーヴのフランス額装とお菓子を巡る5日間「ガレッド・デ・ロア通り」に…

    5. ブログを書く育てるとは?☆インプットと実践でやがて気づきも観えてくる

    6. 私のビジョンのことなので忘備録ですけど何か?

    7. エキスポシティがオープンして太陽の塔が再び光はじめるのかも

    8. ワードプレスにてこずるのは日本の無料ブログがあまりにも使いやすいから

    アーカイブページ

    WordPressテーマ「PHOTEK (tcd024)」