人生ってしょせんこんなものとするエゴ意識をやめてほんとうの自分で生きてもいい

20160122-IMG_3814-50

Sachi です♪

エゴは、自我とも言われます。エゴは、自分(だけ)が生き延びるために必死で考える装置のようなものです。それが仕事で、そこからの意識がエゴなんですね。

 

私がそのエゴの意識でしかなかった頃は、人生を深く考えるなんてどうでもよくって、なんとなくで生きていたこともあったし、仕事で忙しければ 毎日をただやり過ごすように生きていた頃もありました。

 

世界があって、次に自分があるとしか思ってもいなかったし、幸せな人と不幸な人がいると思っていたし、人生は不公平だと思っていました。そして “ それが人生って言うものなんでしょ ” って信じていて疑ってもいなかった。

 

スポンサーリンク

人生ってしょせんこんなもの

つまり真実に何一つ気づけていない何も観えていない状態でした。

 

そのためすべては自分で選択していると言うことも気づけていません 思い出してもいませんでした。

 

そしてエゴ優先の思考にですから、環境と言うものに人は左右されるものだと信じてもいました。

 

私はこんな環境だから・・・〇〇は出来ない。〇〇は無理。〇〇なんて夢のまた夢。と言うやつです。 何かのせいにして自分は被害者意識なんですね。

 

そしてこのようなパターンでいる人間がほんとうの自分に変化していく一つに、大きなショックがあったりします(笑)

 

ショックと言うのは、その人にとって、良くも悪くも強烈な出来事が起こることです。

 

一般的には悪い出来事の方が効果は絶大です(笑)

 

例えば病気とかですね。 病気をしてもがく中でふと、真実に触れる瞬間がやってくるんですね。

 

気づきを得る瞬間です。 今まで観えていなかった真実が分かったりするので、それまでと一気に考え方、意識が変わってしまう人もいます。

 

それにより病気が完治したり、そしてこれからは本当の自分で生きよう!って 別人のような生き方になったりと。

 

なので人間にとってやはり生死にかかわるものは、気づきを量で例えるなら 効果は絶大だと思います。

 

スポンサーリンク

諦めだすとキリがないそれがエゴ

何にも気づけていなかった、とは 他にも、自分を分かっていない、知ろうともしていなかった と言うことです。

 

自分を分かっていないとは、自分の内側に眠っていて、スルーしてきたすべてのもの、それは過去の傷や恐れだったり、夢や理想、欲望、と言う本音の想いだったりですが、それを自分が知ろうと、分かろうとしていなかった。

 

言い方を変えれば、ちゃんと自分と向き合ってこなかったと言うことですね。

 

なので人生とはしょせんこんなものでしょ、の罠にはまると、ぼ~~~っと生きれてしまえるし、毎日をただやり過ごすような生き方が出来てしまえるわけです。

 

せっかくの時間を、ど~でもいいことに流されたり、何もせずに終わったりと、使ってしまえるわけですね。

 

だからと言って勘違いしてほしくないのが、そんな人生がダメ、悪い!と言ってるのではないですよ。でもそれでは何も始まらないよってことなんです。

 

変化は出来るのにしないの?ってことです。どちらを選んでもいいのなら、楽しい方がいいし喜び合える方がいいはずですよね。

 

それはそのエゴ意識でいると味わえないから、まずはそこから出てみたら?と言うことでした。

 

読んで頂き ありがとうございます。

本当の自分の気持ちを知る方法が分からないと悩むときには2つの脱出方法に取り組む

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

八千代の桜

2016.4.6

桜が綺麗に咲いているのはどこ?京都インクライン~哲学の道にサスペンス定番スポット☆カメラ散歩

Sachi です♪ 綺麗な桜を撮りたくて京都に行ってきました。と言うことで記録写真です。 「インクライン」からスタートです 南禅寺…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る