神戸布引ハーブ園はコスモスが咲いてた☆お花だけが目的なら植物園が一番だけどね

10041

Sachi です♪

波止場の写真学校に通って良かったことは色々あるけど、やっぱり孤独になりがちなカメラライフに友達が出来たことって最高のギフトです。 ビギナークラスから一緒に上がってきた仲間と、だいたい決まった周期であちらこちらと撮影に繰り出しては、撮影&お茶会(がメイン?)をしています。

 

そして今日は、急きょ予定を変更して『 神戸布引ハーブ園 』に行ってみました♪ コスモス咲いてるかな~?早いかな~?っと言いながら行ってみたら・・・おっ!しっかり咲いてます♪ なんですが!!・・・秋の気配じゃあありません!クラクラするような暑い日差しの中で咲いておりました。

 

ここで!この間作ったピンホール写真カメラ(エドワード・レビンソンさんのピンホール写真教室に参加してマイピンホールカメラを作って撮影)を使ってみましたよ。 最初の写真がそうです。 決して、私のピンとが甘くて手ぶれしているのではありませんので(笑) とは言っても今日は三脚を持って行ってないので、ブレブレ写真もたくさんあるんですけどね。 ピンホール写真がブレるともう原型がなくなりますからね悲惨です。

 

10042

こちらも同じくピンホール写真です。ロープウェイも果たしてちゃんと撮れるのか?と試してみたものです。 思ったより撮れたと感じました。 そうそう、このロープウェイがかなり早いスピードで動きます。笑えるほどです。なので撮る場合は、早すぎて狙うのに必死です。

 

スポンサーリンク

そこでおすすめは京都府立植物園

花はもともと大好きなんですが、写真のために植物園へ行くことが多いです♪

 

最初に気づいたのは、マクロ撮影の江口慎一さんと言う方の写真集を見ていた時です。 撮影場所がすべて書かれていて、東京の植物園と同等に出て来ていたのが「京都府立植物園」だったんですね。

フォトコン別冊 光の撮影術 2012年 10月号 [雑誌]

花別クローズアップ技法 秋冬編 (日本カメラムック)

 

それで京都なら行ける~♪しかも京都は大好き~♪っと、波止場の写真学校に通う前だったので、一人で京都府立植物園に出かけてました。

 

京都府立植物園はとっても広いので一人でものんびり出来るし、ゆっくりじっくりも撮れる、かなりの満足度ですぐにリピーターになりましたね。 雨でも広~い温室もあるのでいいですよ。

 

それにどこかの写真教室の人達なんでしょうね、団体もよく見かけましたから、やっぱり植物園は外せませんよね。 っと言う事で私のカメラの被写体にはお花は必須なのでした。京都府立植物園ぜひ、お勧めです(笑)

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

中之島

2016.2.22

本当の自分の気持ちを知る方法が分からないと悩むときには2つの脱出方法に取り組む

Sachi です♪ 自分がどうしていいか分からないと悩むことは誰だってあります。 でも厳密に言えば「悩み」な…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る