波動はどうしたら高くなるのか方法があるとしたら?性格が関係すると思うのは間違い

六甲山

Sachi です♪

今日は高い波動・低い波動についてです。

 

スポンサーリンク

波動

よく波動が高い人・低い人って言う言い方をしますよね。

 

でもその人の性格が良い人だから、面白いから、明るいからと言って波動が高いわけじゃないです。

 

また、悪口を言わないから、ポジティブ思考だから、だから波動が高いとなるわけじゃないです。

 

何故なら、正確が良いとは、誰にとって良いのでしょう? 面白い・明るいと言っても、気をつかって・人から嫌われたくない・楽しい人と思われたい・本当の自分を知られたくない・・・等で演じていればどうでしょう?

 

悪口を言わないのも、悪口を言うのは悪いことだからと、良い・悪いでしか理解していない人だったらどうでしょう?

 

ポジティブ思考じゃないとダメだからと、良いことだから・悪いことだからで無理にそう思い込ませているだけだとしたら?

 

このように、波動はその人の外側の見えるもので、高い・低いが決まるわけじゃないってことなんですね。

 

スポンサーリンク

波動は条件じゃない

じゃあ何で分るのかと言うと、

 

その人が、どういう意識で在るのか? です。(・ω・)

 

もっと違う言い方をすれば、本当の自分で在る人は波動が高い とも言えます。

 

なので普通に使う波動が高い・低いって言う言い方は、ホントはちょっとおかしいんですよね。

 

そもそも私たちは、その波動が高いって言われる状態が本当の私たちの姿だからです。

 

けれど周りをみれば分るように、多くの人は本当の自分に気づかないまま(思い出さないまま)に生きています。

 

でも本当の自分に気づいたとしても、その本当の自分で生きていくんだ!と言う生き方をしてこそですけどね。

 

なので逆の波動が低い人って言うのは、本当の自分で生きていない人と言うことです。

 

もともと低い人がいるわけじゃないってことです。

 

すべての人はみんな高いからスタートしてるんですね (・ω・)わお~☆

 

けれどそのことに気づかないまま、たくさんの思い込みを作ってしまったり、常識と言う枠を洗脳されてしまうことで、本当の自分を見失い、自分を信頼できなくなり、自分を嫌いになって、自らがゆるゆると下げてきたわけです。

 

逆に、自分を見失って、自分を信頼していない、自分を嫌いだと言う人と一緒にいれば、「 この人なんか嫌!!」って、波動のことはよく分からなくても感じたことがあるはずです(・ω・)イエイ

 

何故なら自分を見失って、自分を信頼していない、自分を嫌いだと言う人の口から出てくる言葉が、ワクワク生き生きキラキラしている訳がないですからね(笑)

 

なので波動の低い人っていうのは、悲しくもほんとうの自分の状態を、見失っている・忘れている人なんです。

 

だから波動の低い人の影響を恐れて、もし対処の仕方に悩んでいるのなら、もともとは高い状態の同じ者同士なのですから、今の自分より低い人をみて何故そうなのだろう?と悩まなくてもいいと分かると思います。

 

そこよりも意識を自分に戻して、自分の事に集中することが一番です☆

 

そもそもそう言う人が気になる、影響が怖い、と思っているのはエゴ意識に傾いているので、どういう意識で在るのか?の原点に戻って、自分のメンテナンスに励むのが一番です♪

 

読んで頂きありがとうございます

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

目覚め

2015.9.23

一瞥体験 空(くう)に触れてからカメラに出会うまで 歓びから生きることへシフトする

Sachi です。 一瞥体験って何それ?どんな体験?って思ってる人もいますよね。 ちなみに『一瞥』と言う意味は、ちょっと見ること…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る