Xサーバーでワードプレスのデータベースを間違って削除!?元に戻せる?復活出来る?ブログが消えた日

ハス雫

Sachi です♪

タイトル通りのことが起こりまさに・・・oh my God~~~\(◎o◎)/!

 

始まりは、別館として運営していた方の『ハート☆ガイダンス』をこちらに吸収したので、サーバーからデータベース(mySQL)を削除して、サーバーをスッキリさせてしまおう~と思ったことからでした。 見よう見まねで進めていって・・・出来た!(と思っていた。)

 

それから普通にこのブログにログインしようと思ったら・・・なっ!なっ!ない!! 消えてる??\(◎o◎)/!

画面には英語のエラーメッセージが・・・( ;∀;)うそ?

 

どうやら見間違って、、、、一つ上のこのブログのデータベースを削除してしまったみたい!でした。

 

(゚Д゚;)さすがにフリーズ!! でも固まってる場合じゃない~!脳よ考えろ~!

 

だけどさデータベースを削除って・・・元を削除したんだから、あ~無理かも~~~

いや、でも・・もしかしたら何か方法があるかも・・・??

 

とりあえず、Xサーバーさん↓へ緊急TELだ~\(◎o◎)/!

私のしたことを説明して話を聞いた結果・・・・

Xサーバーさんの方では、1日1回バックアップをとってくてれいるそうで、その時点での復元ならば可能だと言うことでした!!やった~素敵~ありがとう~ヽ(^o^)丿

 

もちろん!!費用がかかります。データの復元だもんね。1件(1データベース)につき 5000円+税 だって。だけどネットから跡形もなく消えてしまったブログを復元できるなら、安いです!! もうすぐ一年のブログをまた一からなんてあり得ないし・・・あ~ほんとに良かった~(*´▽`*)

 

申込は Xサーバーのインフォパネルの左下にある『バックアップデータお申し込み』をクリックして申し込みます。

D-002 (2)

申し込んだら、最高48時間以内に『Xserver バックアップデータ抽出完了のお知らせ』のメールが届くので待ちます♪ 私は2時間ほどで来ました。

 

そしてここからの作業が大変でした。何故なら、ここからは電話サポートがないからなんです (;´Д`) 流れだけを言われて、『ここからはお客様ご自身でお願いします』と言われた。。。(◎_◎;)いやいやしたことないって。 流れだけを言われて出来るんならね、そもそもこんなことにはなってないやろって。。。

 

ちなみに私の場合はですが、『お客様はデータベースを削除したので、新しくデータベースを作成してください。 削除したデータベースと同じものを作成して頂ければ(すべて一致のもの)、phpmyadmin を用いてアップロードをしてお使いになれます♪』 とサクッと言われました(;一_一)1度で分かるかっ!! でもやるしかない。

 

『Xserver バックアップデータ抽出完了のお知らせ』のメールが届いたら

まずは、こちらの流れにそってデータベース作成します。 XサーバーのHP → マニュアル → インストールについて → 他社からの移転 → Word Pressの移転につていて で下記の画面です。

 

D-1

 

これの2-2の「データベースの作成」をクリックして参照しながら進めていきます。

 

D-2

 

ここでは電話で言われた、「削除した同じデータベースを作成」です。なので、削除したデータベースを調べないと同じものがつくれない。(最初に作成した時にメモしている人はそれを)そして次の(下の↓)2の中で出てくる パスワードも必要なのでそれも一緒に調べたいと思います。

 

 

D-3

 

削除したデータベース・パスワードの調べ方

インフォパネルの画面に行き、赤で囲んでいるファイルマネージャーをクリックします。

 

 

D-001

 

復活させるファイルをクリックします。(私はこのブログですね)

 

D-10

 

クリックしたらこんな感じ。 そしてその中の赤枠で囲んでいる public html をクリックします。

 

D-11

 

クリックしたら その中の wp-config.php  と言うところの左の□に(レ)チェックを入れて、右上にある「編集」をクリックすると中身がみれます。

 

D-12

 

その中の・・・

 

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘〇〇〇〇_〇〇〇‘);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘〇〇〇〇_〇○〇‘);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘●●●●●●●●‘);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘◎◎◎◎◎◎.xserver.jp’);

 

とあるのでそれをメモして、2-2の「データベースの作成」ところに戻り、 データベース名パスワードに使います。そして3(↓)に進みます。このアクセス権所有ユーザ で選ぶのは 『MySQL データベースのユーザー名』です。 追加を押すと アクセス権所有ユーザ のところは勝手に変わって削除したものと同じものが選ばれているはずです。

 

D-4

 

 

次に4ですが、

D-5

ホスト名は 先ほど見た

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘◎◎◎◎◎◎.xserver.jp’);

と、同じになっているはずです。

これで 削除したものと同じ『データベースの作成』の完了です♪ でもまだまだ今から・・・。

バックアップデータをパソコンに

次に、メールで届いた Xserver バックアップデータをパソコンに落としておきます。 ここに戻れば backup のフォルダーがあります。 メールにある【設置先パス】と同じ名前のファイルのところまでクリックしていって、パソコンにダウンロードしておきます。

Dバックアップ

 

サーバーパネルに行き、復活させたい『設定対象ドメイン』を選んでから、データベースの 『phpmyadmin(MySQL5.5)』をクリックして、ログインします。

 

D-004

 

ログイン後の画面がこれ(↓)です。

 

D-7

 

D-8

 

「参照」をクリックして選ぶのは、先ほどパソコンにダウンロードした バックアップデータです。

 

D-9

 

これで完了ですヽ(^o^)丿 同じ事でもし困っている人がいればと思ってアップしてみました。お役に立てれば幸いです☆

 

読んで頂きありがとうございます



 

 

 

関連記事

コメント

    • KANA
    • 2016年 8月 06日

    おつかれさまでした~!!!

    私には、全く分かりませんが(笑)とても大変だっただろうな…と思いました(>_<)

    すごいな~と、ただただ尊敬しました( ☆∀☆)

    ブログも新しくなって、次々と更新されてるので、ビックリです!!

    これからも楽しみにしてますね♪(*^^*)

      • Sachi
      • 2016年 8月 06日

      KANAさん♪
      おぉ~☆疲れを察して頂いて嬉しいかぎりです~(^▽^;)
      サーバー系に全く詳しくないので超大変でしたが
      なんとか元に戻れたのでホッとしてます(笑)
      KANAさん、いつも見てくれてありがとうです♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

すべてはうまくいっている写真

2015.12.11

オーラを知って自分を理解する☆エネルギー(素粒子)や波動の理解もね

過去写真:OLYMPUS pen Sachi です♪ 昨日の続きなんですが・・・・、時間がなくサクッと書いた為、少々墓穴を掘ったこと…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る