恋人・夫婦・パートナーへの嫉妬が止まらない?本当に怖い「思い込み」の罠の中

パートナー・夫婦・恋人嫉妬

Sachi です♪

今日はパートナーに対する感情の中の “嫉妬・妬み ” について書きたいと思います(・ω・)ノ

 

嫉妬も妬みもおなじようなことじゃないの?って思いがちですが ここ微妙~に違うんですよね。

 

嫉妬は怒りに属していて、妬みは渇望に属しています。

 

渇望は、自分には〇〇が足りない!とか、〇〇が欲しい!!と言う所有したいとする欲望ですね。今日の題材だと、愛情が足りないから愛情が欲しいと言う感じですね。

 

そして嫉妬のうしろに隠れているのは怒りです。 怒りは 私の気持ちをどうして分からないの!、どうして私をこんな気持ちにさせるの! と言う相手が自分を理解しないことや、相手が自分の思うように反応しないことに怒っているんです。(もちろん恐れもあるのですが今回は怒りをチョイスで)

 

スポンサーリンク

どうして 妬み・嫉妬は起こるの?

理由は簡単で 相手の気持ちばかりを追いかけているからですよね。

 

ではどうして、相手の気持ちばかりを追いかけるのか?

 

そこです。 そこが一番重要なポイントなんです!! けれど人はそこを見ようとも知ろうともせずにスルーして相手の方へフォーカスするんですよね。

 

そもそもの原因となることとは・・・

 

誰かがあなたを幸せにすることは出来ない ということを知らないからです(・ω・)ノ

 

あなたを幸せに出来るのはあなただけなんです。それを人に求めるから おかしな感情(嫉妬・妬み)を作ってしまいます。

 

気づいていない・・・自分の幸せは相手にかかっていると思い込んでいる・・・だから相手の言うことや行動をいちいちフォーカスして、それに対して自分が幸せかどうかを常に分析・判断しているような感じなんですね。

 

自分の幸せは相手が握っていると思い込んでいるから、相手の言葉や行動から 目が離せないわけです(笑)

 

思い込みです!!意識・無意識にかかわらず、幸せになるには 他の誰かが、外側の何かが必要だという思い込みがあるんですね。

 

なので あなたの幸せは他の誰とも関係がないことをまず知らなければいけないんです。

 

知らないでいるというのは、自分の中心に相手を座らせ 一喜一憂し、自分のエネルギーを消耗し続けているということです。だから疲れるんです(笑)

 

スポンサーリンク

本当に怖い思い込みの罠

では 思い込みを分かりやすく流れにしてみますね(・ω・)ノ

 

自分の幸せがパートナーにかかっているという「思い込み」が根底にある。

日常の中で、相手の言葉・行動がそれとは違う場合は即座に 自分の持っている思い込みがフツフツと活動し始めるため それが不快な種類の感情を作りだす。

その感情に自分がおぼれる始めると苦しさを認識し始める

なぜ苦しいのか考える。

相手の言葉・行動で自分がこんなことになったのだと導き出す。

自分を苦しめている原因を作っているのは、相手なんだ!と間違った答え・結論を出す。

自分が苦しいのは相手のせいだと決まったので(笑)より相手をフォーカスする。

そして相手がこうしてくれれば、こうなれば、と相手が変われば私はこの感情から解放されて楽になれるのにと思う。

この感情から解放されれば幸せになる・元に戻れると思っているので、より相手をフォーカスする。

一層チェックが厳しくなる(笑)ため、自分を不快にさせているのはやはりコイツで間違いないと確信に変えていく

そしてついにあなたは相手の存在にとらわれ過ぎて、自分自身を生きてはいない状態、自分自身を生きるとは何か?が分からない状態を自分で作り上げてしまう。 おわり。

 

流れをなんとなく理解してもらえればいいんですが、どうでしたか?(^o^)ある意味ホラー?

根底に「思い込み」なければ始まらないストーリーなんですね。

 

なのでまず最優先は自分が持っている「思い込み」を知ることです。そして 「ほんとうの自分」に戻っていく。

 

ほんとうの自分で生きる♪ 結局ここに尽きます(・ω・)ノ

 

こちらもおすすめ♪  幸せが何か分からないと見つけ方も探し方もズレていく☆あなたは条件派?歓び派?

 

読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

限界を超える 犬島 アート カメラ旅

2017.7.10

自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方がある

あなたはそれが本当にしたいことではないと 分かっているのだから 『限界』を超えていく必要…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る