目覚め、悟り、ノン・デュアリティー、体験すれば本当の自分を知れるの?何が変わるの?

撮影場所:神戸布引ハーブ園

Sachi です♪

いま日本って、目覚め、悟り、ノン・デュアリティーのブームみたいになってますね。 っと言っても一般の方にどれほど認知されているのかは知りませんが(笑)

 

スピリチュアルも今は日本でもかなり浸透してますから、本当の意味を知らなくても「スピリチュアル」って言葉なら知っていると思います。 でも少し前まではスピリチュアルっと言っても全く通じなかったんですよ、ほんとうに。単に私が変な人と思われただけでした。

 

スポンサーリンク

アメリカはもっと古くからスピリチュアルが浸透していた

セラピーなどはイギリスが本場で歴史もあり、国が認定しているセラピーだってありますよね。 目覚め、ノン・デュアリティーも同じで、海外ではそれを伝えている人や発信している人がたくさんいらっしゃいます。

 

いまは誰でもネットで世界と繋がることが出来るため、そんな情報が日本でもあっという間に広がっていった、と言う感じでしょうかねぇ。 なので10年前のスピリチュアルのゆっくりでどこまでも深く掘り下げて癒してきた時代からすれば、今のスピリチュアルって驚くほど速いんです。

 

でも当たり前ですが、たくさんの情報があっても、それが速く届けられても、本当にそのことを理解(気づいて)しているかどうかは別の問題ですよね。

 

頭で知識として先に知ってしまうと、分かったつもりになると言う一番やっかいな事になったり、又はどうしてもそこに囚われて中々気づけなくなったりとか出てきますからね~。私も何度もありました~~(;^ω^)

 

スポンサーリンク

目覚め、悟り、ノン・デュアリティーはいくら知識として知っても違うもの

それは体験しなければ終わらない(分からない)分野ですから、学びっと言う類いとは違うんです。

 

人一倍それらについて学ぼうが、人一倍努力しようが、何かしてたどり着けるものではなく、個人ではどうすることも出来ないものですから、そこにフォーカスするよりは自分の内側にフォーカスした方が すべてにおいてスムーズな結果になると思いますよ。

 

その体験をしたいとしても、個人ではどうすることも出来ませんが、目覚めた人だけが特別に素晴らしい秘密を知っている訳でも、特別なものを観ているわけでもないし、何かの得をしているみたいなこととは違います。

 

例えばいま苦しみの中にいる人が、目覚めたら一瞬でその苦しみから解放されるかと言えばそれは違います。 でも視点、意識がガラリと変わってしまうので、本人が苦しんでいた視点で見ることをやめてしまうと思います。そのためそれまでとは違う流れにはなっていきますが。

 

え?じゃあ、やっぱり目覚めたり、悟ったりする方がいいじゃないか!って思いました?(^▽^;)

 

でもですね、この意識の変化くらいであればですよ・・・・安心してください!!努力で出来ます!!(^o^) 努力で出来ないのが、ノン・デュアリティーで言うところの「わたしはいない」と言う体験の方ですよね。

 

じゃあどんな努力かと言うと、いつも書いている「気づいていく」と言うことにほかなりません。 感情と一体化しない、エゴと一体化しない、ハートの声を観じる等のいつも書いているようなことですね。

 

これが結局 近道にもなっていたのかなと言うのが私の経験です。 近道と言うのは比喩ですよ、人生に近道とか遠回りとかないですから誤解しないでくださいね(;^ω^)

 

それくらい毎日の気づきの積み重ねと言うのは、結果的に超ギフトと同じことなんだよ~~♪って事です。それに答えはいつも私たちの目の前に、隠れることなく、どうどうと在り続けています。

 

では、また

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 空(くう)はスピリチュアルとは違うもの?二つではないもの、だから分離し…

  2. エゴは抵抗しても宇宙のリズムは完璧ですべてはうまくいっている

  3. どこでもいいからパワースポット(神社)に行きたい!から行こうとしたその…

  4. リラックスして空(くう)いまここを生きると一番スムーズに流れて深刻さは…

  5. 魂が成長する学びの場だと信じていたスピリチュアル時代の勘違い?

  6. スピリチュアルと空(くう)って同じもの?違うもの?

  7. 生まれてきた使命を知りたい!何をするために生まれてきたのか人には使命が…

  8. スピリチュアル意識が崩壊して見たものは逆さまの世界☆あなた洗脳されてま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ

WordPressテーマ「PHOTEK (tcd024)」