テーマは「鉄の質感と重厚感」☆フランスの印画紙「キャンソン」でプリント

鉄の質感

Sachi です♪

作品をより表現出来るアート紙にこだわった先生は、次の撮影の分のプリントは、キャンソンのアート紙でプリントします。ともう一つ前の授業から言っていた。

 

メーカーの写真教室なだけに、他社製品を取り入れる必要性がないなかで、それが可能になったのは 先生のこだわりの勝利なのでしょうか?(^-^;

 

どんなやり取りがあったかは不明だけど(笑) そんな訳で今回初めてキャノン製品以外のアート紙にプリントする事に☆

フランスの印画紙「キャンソン」

そのアート紙は、いつもの3倍ほどするお値段だそうで(・ω・)・・・そうなると問題は、そんな高級紙にプリントしてほしい写真が撮れるかどうかが心配になっていく私たち(笑)

キャンソン バライタ フォトグラフィックA4 25枚 00002279

授業では、同じ作品を数種類のタイプのキャノンの紙で仕上げたものと、キャンソンの紙で仕上げたものをじっくりと見比べる。

 

確かに・・・比べたら違いが分かるけどね、一般人は こうして並べて比べない限り その違いは分からないもの。。。だけどそこにこだわった先生 (一一”)プロのサガ?

 

で、その紙にプリントする今回の撮影テーマが「鉄の質感と重厚感」

 

鉄って。。。

 

まったくもって興味がないんですけど・・・(一一”)どうする?

 

でも、鉄道博物館が楽しかったお蔭で、写真はとりあえずたくさん撮れたのです♪ なのでお約束の3枚を選んでの提出も、2枚はすぐに決まって楽勝~♪ただ残り1枚が決まらずしぶしぶ提出しましたが。

 

そして3枚の講評の後、このアート紙にあう設定の仕上げをしてもらい選んでもらったのが、トップの写真です。

 

私もこれが一番だったので良かった~♪ ここでは一番粘って撮ったしね~

 

それに先生の見本の作品が機関車の車輪部分だったので、同じようなものを撮って提出していた人がたくさんいたため、自分なりの目線で観察出来ているみたいに言われて嬉しかったです♪( *´艸`)

 

鉄9 (2)

実際にキャンソン紙にプリント

おぉ~ はるかに素敵な作品に見えるではないですか!!(単純・笑)

 

いや、でもほんとに!!モニターで見るより断然いい! 写真!って感じが凄い(笑)

 

そしたら ふと思い出した・・・

 

写真を習い始めた頃は、プリントなんて何でしないといけないの?プリントしてどうするの?なんて思っていて、2Lでさえしたくなかったことを。

 

でも、どこの どの先生もプロの写真家はみんな、「写真はプリントして はじめて写真」 なんだと言うんだよね。

 

写真はモニターで、液晶で見るものでなく、プリントして見るもの。

 

そうだね、ほんとにね~と その事がどんどんしみてくるようになってきて・・・でも、そんな自分にキケンを感じる。。。

 

なぜって、素人がプロのように何から何までこだわってたら、お金がかかってやってられませ~ん!(≧◇≦)

読んで頂きありがとうございます。

☆EOS学園での撮影体験記はこちら EOS学園 体験記

この写真を撮影したレンズはこれ


Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS USM フルサイズ対応

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

パートナー・夫婦・恋人嫉妬

2016.10.31

恋人・夫婦・パートナーへの嫉妬が止まらない?本当に怖い「思い込み」の罠の中

Sachi です♪ 今日はパートナーに対する感情の中の “嫉妬・妬み ” について書きたいと思います(・ω・)ノ …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る