スピリチュアルと空(くう)って同じもの?違うもの?

あ⑤

撮影場所:沖縄

Sachi です♪

スピリチュアルと空(くう)って、同じもの?違うもの?

これまで“自分”と向き合う事がなかった人には、どちらの意味も同じようなものでしょって感じだと思います。ですが、これは違うものなんですね。

 

スピリチュアルと言っても、ここからここ と言う線があるわけではないですし。なのでこれは伝える人によって、意味も意図も微妙~に違ってきますね。伝えている人の、その時点での主観・観念も必ず入っていますからね。(それが良い悪いではなく)

 

ただそんなことではなくて、決定的に違うことがあります。

 

スピリチュアルではまず「私」がいると言うことですね。

「私」から始まっていると言うことです。

 

ちょっと言葉にすると説明しにくいんですが、この意味の私っと言うのは、

私は日本人で~、私は○〇です~、私の血液型はO型です~、私はカメラが好きです~・・っという「私」のことです。

 

え?それ以外の「私」がいると?って思いましたか?(笑)

こちらは後述で。

 

で、

その「私」のためにスピリチュアルでは、セラピー、セッション、カウンセリング等がありますね。様々なツールを取り入れてヒーリングとかリーディング、チャネリングなどを行ったりします。

 

目に見えるツールでは、エンジェルオラクルカードやタロットなどのカード類、クリスタルにアロマオイル、フラワーエッセンスなどツールはたくさんありますね。 目に見えないものでは、エンジェルや女神、フェアリー、宇宙人まで、つまりスピリットそのものに協力してもらうという方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

すべては「私」があって、そのために始まるものがスピリチュアルです。

一方、空(くう)は、理論や思想、技法ということとは違います。ですからそれを発信するような「私」はいません。固定された、分離した「私」などはいません。

 

空 = 初めからある気づいている意識 = 二つでないもの = 愛 = いのち(エネルギー)= ゼロポイント

例えるならこんな感じでしょうか。 他の言い方ではそれを、悟り・覚醒とか、非二元(ノンデュアリティー)とか言われてます。

 

つまり、「どこか何か」 でもないし、その 「すべて」 でもある。

「ない」 けど 「ある」、「ある」 けど 「ない」。

無 = 有

思考にはまったく理解できない分野と言った方が分かりやすいですね。

 

ですので、スピリチュアルは私っと言うものに対して癒しを行ったりするには有効で、生産性であるのに対して、空とはそういうことではない、そもそものあなたの存在、そのもののこと、っと言う言い方も出来るかなと思います。 これ以上は言葉の限界ですね。

 

では、今日はこの辺で。

読んで頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

八千代の桜

2016.4.6

桜が綺麗に咲いているのはどこ?京都インクライン~哲学の道にサスペンス定番スポット☆カメラ散歩

Sachi です♪ 綺麗な桜を撮りたくて京都に行ってきました。と言うことで記録写真です。 「インクライン」からスタートです 南禅寺…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る