空(くう)はスピリチュアルとは違うもの?二つではないもの、だから分離していないと言われる空

Sachi です♪

今日は、二つではないもの、だから分離していないと言われる空(くう)について(^o^) 今一度、いえこれから何回か言うかもしれませんが(笑) スピリチュアルと空(くう)は違います。

 

もちろん真実は、分離などあり得ませんから、分かれているものなどないのですが、思考のレベルで理解してもらう意味で、違うと使っています。

 

スポンサーリンク

スピリチュアルと空(くう)は違います

ただこのくくりは 私の世界の話なんですね。 他の方がどのような意図と意識で、スピリチュアルと空(くう)を捉えていて、くくっているのかは知りません。

 

私と同じかもしれませんし、意味は同じでもくくりが違う、そもそも違う人もいる、それをどのように捉えようと、それはその人の世界の事なので自由なんですね、なので構わないわけです。

 

ただそこで落とし穴にハマる人が出てきます。

それぞれの世界なので、そうであっても構わないということに気づけていないと、表面的な言葉や文章だけで(頭で)それらを理解しようとして、一つの同じ言葉でも、話す人により意味が違うことに対して聴きいれることが出来ずに エゴとバトンタッチと言うことになってしまうんです。

 

そして、自分の知っている(理解している)スピリチュアルはこうだ、だからこれが正しい! これが本物なんだ。 あんなふうに言うのは偽物だからだ!批判・否定・攻撃をはじめることになるんです。

 

スポンサーリンク

実際にそんな人がいました。。。

その人はスピリチュアルを少し学んだくらいで、本当の自分にはまだ出会っていない段階でしたが、あるセラピストさんのHPを見て、そこに書かれている内容を読み、あなたの考え方はおかしい、スピリチュアルな考え方でないと言うようなメールを送ったと言うのです。

 

驚きました (・ω・)

 

そもそも別にそのセラピストさんと何の絡みもない上に、自分で勝手にHPにたどり着いて、その文書に勝手に腹を立てて批判のメールを送ったのですからね。でも自分は正しいことをしたと思っている訳です。

 

もう完全にスピリチュアル以前の問題です。 ですが、このような人に限ってセラピストになって活動したいと言って来られます。。(>_<)

 

話を戻して・・・(・ω・)

ですので、私の世界ではスピリチュアルと空(くう)は違います。 スピリチュアルは分離している世界に属しています。 だからツールも目的もストーリーもあります。

 

でも、空(くう)とは、ノンデュアリティー(非二元)分離がない、と言うことであって、その分離しているとされているものもすべて同じたった一つのものなんです。

 

分離していないのだから例えようもなく、何かでもないし、どこかでもない、なるわけでもなく、たどり着くものでもない。

すべての始まりの一点であり、その一点は逆にすべてでもある。。。こうして言葉の限界がやってきて説明できないのが、空(くう)なんですね~(・ω・)ノ

 

そして空(くう)とは、どこか遠くにあるわけじゃなくて いつもここにあるんです。

 

あなたのいるところも空(くう)だし、あなたのいないところも空(くう)なんです。

 

どう言うことかと言うと、ほんとうの自分の意識で世界を観るとき、ここは空(くう)だと分かります。逆に、エゴの意識で世界を見るとき、ここは単なる現実の世界があるだけだっと言うことです。

 

どちらの意識でいまここを生きているのか? なんです。

 

ですがこれってなんとか理解しようとしなくてもよくって、自分のハートに素直に生きると言うことが出来ているのなら、空(くう)に気づいているのと同じなんですね。

 

今日はこの辺で♪

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. どこでもいいからパワースポット(神社)に行きたい!から行こうとしたその…

  2. スピリチュアルと空(くう)って同じもの?違うもの?

  3. 生まれてきた使命を知りたい!何をするために生まれてきたのか人には使命が…

  4. 占いとスピリチュアルの違いがよく分からない!同じようなものでしょ?

  5. エゴは抵抗しても宇宙のリズムは完璧ですべてはうまくいっている

  6. スピリチュアル☆すべてはうまくいっているって自我(エゴ)の成功とは意味…

  7. リラックスして空(くう)いまここを生きると一番スムーズに流れて深刻さは…

  8. 目覚め、悟り、ノン・デュアリティー、体験すれば本当の自分を知れるの?何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ

フォトマルシェ - PhotoMarche