霊は本当にいる?いない?聞かれたら当然いますよ 霊が怖かった子供時代

霊はいるいない

Sachi です♪

「はじめに」 でも触れましたが、子供の頃から霊感体質です。もちろん子供の頃は「霊感」とかって言葉も意味も知りませんでしたから、ただお化け(霊)がいる~怖いよ~嫌だ見たくない~です。

 

私が記憶にある中では、家族崩壊するまで住んでいたあの家が 始まりだったと思います。

 

後にスピリチュアルの世界に入ってから分かったことですが、家があった場所に問題があったようなんですね。

いわゆる霊道 が少しかかっていたようです。 空中を通っている 道路 みたいなやつですね。

 

もちろんそんなことを知るはずもなく、ある夜のこと・・・

チャリン、チャリン っと言う鈴のような鎖のような音(リンリンと言う軽快で軽い音ではない)がどこからか聞こえてきて、その音のせいで眠っていたのに、だんだんと眠りから覚めてきました。

 

なりやまないその音に、何の音だろう?と目を開けてみたら、霊の行列が一方方向に向かって ゆっくり進んでいるのを観たのです。

もちろん頭のなかは大パニック!!

 

でもそれを見た瞬間、なぜか分からないけれど、見つかったら連れて行かれる!どうしよう!怖い、隠れなきゃ!と思い頭から布団をかぶったのです。

子供なので自分ではそれで隠れているつもりだったわけですが。。。

 

布団をかぶったまま 見つかったらどうしよう!連れて行かれる、どうしよう!どうしよう!と大パニック。

でもそのあとからの記憶がなくて 気が付けばいつも朝になっていました。

 

その家に住んでいる間は何回も同じ体験をしました。霊が現れるときは決まって、あの鈴のような鎖のような音がするので すぐに分かるんです。音が聞こえてきたら一目散に頭から布団をかぶって ただじっと通り過ぎるのを待つ。

 

スポンサーリンク

なんでお化けがいるの?

今なら笑えますけど子供の頃はもう怖くて怖くて、それを口にするのがまた怖い! と言う 筋金入りの怖がりになってしまったのです。

 

で、その後は家族崩壊事件が起きましたから(笑) あの日からその家に戻ることなく離れることができました。

 

ですがいきなりの引越しに、いきなりの転校までさせられた訳ですからね、ひどい!! と悲しく思いました。 でもその反面・・・私は霊が本当に怖かったと言う 誰にも言えない理由があったため、それからは解放されたと言うことはとても多きなことでした。なので小学生ながら複雑な気持ちでしたね。

 

でも真実はそうではなかった・・・

 

単にあの家で観ていたものを観なくなっただけでした。 その後に住んだ家、住んだ家と違ったパターンで結局続いたのです。私の場合は、家のある場所の土地に影響されていたようでした。

 

それがようやく分かるようになってからは、家を選ぶ際は どの条件よりも一番優先するのは超感覚です!それで決めるようにしています。あとはここだよってサインで教えてくれるものにしているので、そこからもうそんな悩みはなくなりました。 あ、でも前に一度、父が霊を連れて私の家に連れてきたことがありましたね٩( ”ω” )وまったく油断も隙もない!笑

 

読んで頂き、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

いのち 自己愛

2017.8.6

どこでもいいからパワースポット(神社)に行きたい!から行こうとしたその結果・・・

Sachi です♪ 先日、超現実意識である方の友人から、突然『パワースポット(神社)に行きたい!』と言われました。。。 &nbs…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る