キヤノン ステップアップ講座☆今さらCanon EOS70D の露出ボタンの使い方を知ることになる

10043

撮影場所:神戸布引ハーブ園

スポンサーリンク

Sachi です♪

EOS学園のステップアップ講座の授業は座学 っと言うことで、前回 撮影実習で撮った写真をまずプリントするところから。 教室に置いてあるプリンターは何台あんね~ん!ってくらい並んでまして(笑)さすがメーカーって感じです。

 

それに!そのずらっと並んでいるのは全て プロフェッショナルプリンターなんです。いわゆる高いやつです、この値段なら買えるレンズがありますからね(;´∀`) そのプリンターで印刷する用紙はL判でしたが、これまた高級フォト紙です。


Canon キヤノン インクジェットプリンタ PIXUS Pro-100

 

プロフェッショナルプリンターは音が静かだし、それに発色も綺麗!ん~こんなに家のと違うのね。

それなのに、そんなプリンターと紙を使ってプリントするのが、まるで実験結果のような撮影実習の写真ですからね・・・あ~せつない(ーー;)

 

まあユーザーである私たちは、こうやってメーカーに購買意欲がわくように うまく仕向けられていくのですね~(笑)

 

教室でのプリント方法は、カメラとプリンターを直接つなげるダイレクトプリント方法でしたが、なぜか私のカメラが反応しません!!え~なんで~?っと先生がみてみたら、なんと、私はカメラをWi-Fi設定にしてあるのですが、その設定のままだとダイレクトプリントが出来ないそうです。(キャノンだけかもです)

 

スポンサーリンク

え~そうなの~それ初めて知りました。

これ、家でなったら かなりイライラするやつです・・・なんでカメラのモノター動かいのよ~!え~意味わかんない~!プリントできな~い(。´・ω・)? って萎えるパターンです。

 

でももっと、ゲキナエが私を待っていました。 それは露出ボタンの操作方法でした。

ファインダーから目を離さすにそのままでも操作出来た!?、そうなの~~!!Σ(゚д゚lll)ガーン

 

こうすればファインダーだけを見て、被写体から一度も目を離さずに変える事が出来て、その際に他の設定や構図も変わることがないですからね、って笑顔で言った先生・・・(ーー;) え~え~、私は一回一回、目を離してはモニターを見て操作し、また構図をたて直してをやっていましたとも!!

 

今年の春にEOS70Dに変えてから半年ほどですが、なんて無駄な動きと作業をしていたのでしょう・・・今は、たった半年ですんで良かったと思うしかないです・ドンマイ(笑)

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

img_1955

2016.9.23

内なる声に教えてもらったこと☆自分が大好きなことについて

Sachi です♪ その声を、どう例えてもいいんですが、いまのところ一番しっくりくるので「内なる声」と言ってるだけ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る