感情をコントロールできなくて苦しいと感じるときに抜け出すにはどうすればいい?

20150426-IMG_3241-4

Sachi です♪

生きていれば色々なことで感情は出てきますよね。 私も自分の好ましくない状況に遭遇すれば、瞬時に反応は起こります。 でも最後まで その反応した感情を抱きしめたりはしません。

 

感情は自分自身から出たものなので、それはちゃんと認めて(見て)、味わったなら(感じる)通り過ぎ(終わらせる)させます。それが本来の流れです。

 

例えば、

え?何?ムカツクんですけど! → 私むかついてるわ。 → そうか私はいま “ ムカツク ” って言う「感情」を、感じているのか~、っと言う感じです。

 

こうやって、自分の状態を客観視できる所まで進めれば、ムカツクと言う感情は、もう通り過ぎているので、自分がむかついたそのトリガーが何かも分かり、あ~そういう事か~っと最後は笑えたりするものです。

 

けれど、その感情をずっと抱きしめたままでいると、自分がその感情と「一体化」してしまい、離れることが困難になってしまいます。

 

スポンサーリンク

一体化

例えば今度は、失恋してどっぷりと悲しんでいる人を想像してみてください。 最初は悲しい。 それで構わないわけですね。

 

それを正確に言えば、『 私は失恋をして、悲しい、という気持ちを味わっている。』ですね。 私と言う人間が、悲しいと言う感情を、感じています。 ぜんぜん問題ないです。

 

なのでちゃんとその感情を認めて、味わって、終わらせれば、これは終わりで問題なかったのですが、ずっとその悲しいを抱きしめ続けてしまうと・・・、次第に 『 私は悲しい 』っと変化していったりします。

 

これを正確に言えば、『 私=悲しい 』 ですね。

これが感情との「 一体化 」というやつです。

 

大変です!! もはや感情を感じている “ 自分 ” すらいません!!、自分と言うものは、“ 悲しい ” と言う シロモノ に変わってしまっています。私=悲しい ありえませんよね。

 

それにそんなイコールでいると、それにあったものの引き寄せが始まってしまいます・・・負のループってやつですね。考えただけでもいりません。

 

ですので感情は、感情であって、自分と言うものと感情は、「 一緒のものではない 」、っということに気づければ、どんな感情にも引きずられずにいられると言う訳なんです。

 

読んで頂き、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

img_13412

2016.9.28

無意識にすり替わるから注意です!自分の本当の望みと食欲や偽物の欲

Sachi です♪ 私は、『 お腹がいっぱいな状態 』って好きじゃないんですが、あなたはどうですか? よくお…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る