本当の自分って何?どうやって見つける?探すと見つからないのはカラクリがあるから☆自分探しの旅

記録5

撮影場所:長崎県

Sachi です♪

自分探しの旅に出ても、答えが見つからない!いまだ彷徨ってます!って言う人に、スピリチュアルで必ず言われるのが、答えはすべて最初から自分の中にありますから。とか、最初から自分が持っているんですよ。と言うやつですが・・・

 

でもその意味が分からへんねん!!(=゚ω゚)ノ って言うあなたへ、つまりそれってどういう意味?カラクリってどういうこと?について書いてみたいと思います(・ω・)

 

スポンサーリンク

自分探しの旅のはじまり

多分人生に一度くらいは、どこかで自分探しの旅(比喩)に出ると思います。

 

大きな問題とぶつかった時や、生きることへの意味や、なんのために自分は存在しているのかを、それらを本当に知りたいと強く思った時、旅が始まるのではないでしょうか。

 

でも、そもそもこの旅の行き先がすべて!!であり、そこがすでに答えでした(笑)

 

なので行き先を、外の世界(自分以外のすべて)にすると間違いなんです!!

 

つまり外側の世界へ自分探しの旅に出てしまうと・・・いつまで経っても答えは見つからず迷子のままです。

 

自分探しの答えを、外側の世界に求めると言うのは、どこかに答えが隠れている!それを見つけれさえすればいいんだ!とか、その答えを誰かが知っていて、その人に教えてもらえばいいんだ!等と思い込んでしまっているためこうなるんですね。

 

じゃあ、行き先ってどこよ?

それは自分の内側です。

 

自分探しとは、自分の内側への旅だからです。

 

それは自分が知らなかった本当の自分を見つける、取り戻す、思い出す旅です。 だから外の世界に探しに行ってもいません、いるわけないです(笑)

 

どうやったら内側に入れるの?

内側に入ると言うのは、知らかった本当の自分に出会うためですが、本当の自分を『ハートの声』とも言ったりします。

 

その本当の自分と出会うため、ハートの声を聴くためには、それを隠している、聴こえなく邪魔している『枠』(ブロック・思い込み)に気づいて、その枠を溶かしていくしかないんです。

 

さて、ここからが大切なところ(・ω・)

 

じゃあ、その枠って何から出来ているの?

〝枠〟(ブロック・思い込み)は、人それぞれいろんな枠を持っています。

 

そして、その枠に見事に囚われてしまっているんですが多くの場合、そのことに気づいていません

 

もちろんその枠と言うのは、誰でもない自分で作っているんだけど、当たり前ですが本人にはその意識はまったくないです。

 

それは何故かと言うと、多くが親や学校、社会(国)、によって子どもの頃から すり込みされた枠(制限・常識)だからなんです。

 

スポンサーリンク

すり込みされた枠

例えば「 男のくせに泣くな!」って言うのもすり込みなんですが、それに違和感を感じるような人は少ないと思います。 昔の私なんて、ま~ったく違和感を感じませんでしたし、男のくせに!!なんて、普通に使っていました(^o^)

 

でもね、よ~く、よ~くそれをハートで感じてみてほしいんです。

 

なぜ男だと泣いたらダメだと言うのでしょう? なぜそうでないといけないのでしょう? それは本当は誰のため? それは本当は何のため? それは誰の言葉で、誰の主観で決めていて、いつから社会で まかり通るようになったものなの? そして何故その言葉を当たり前のように自分は誰かに使うのか?ってことを。

 

社会の始まりはまず家庭ですから、親にも何かしらのすり込みがあって、例えば『世の中は厳しいんだ!』『生きていくのは大変なんだ!』といつも親がそう言っていて、それを小さい頃からずっと聞いて育てば、あなたの無意識層には『世の中は厳しい!・生きるのは大変!』と言う余計な思い込みのブロックが出来上がります。

 

つまり、すり込みって言うのは、良くも悪くも洗脳です。 気が付けばたくさんの事を、それが常識だ!、一般的には!、普通は!、って言われて私たちは育ってきているんですよね。

 

こうやって成長していく間に、たくさんの枠(思い込みのブロック)をいっぱい持った大人が出来上がってしまいます。

 

でもそのブロックが出来上がる前までは、みんなハートの声が聴こえていました。それが普通の状態でした。

 

でもブロックでいっぱいになってくると、ハートの声はいつの間にか聴こえなくなってしまいました。

 

まさしくそれらのブロックがハートの声をブロックしていたんですね。

 

だから聴こえなくなるんです。

 

恐れや恐怖・不安の声と言うのは、大きいのですが、ハートの声と言うのは、ささやくように小さいから負けてしまうんですね。

 

なので、それらの様々な枠に気づいていくことが出来れば、ハートの声はちゃんと聴こえる、感じれるようになっていくんです。

 

自分はどんないらない枠を持っているのか? 気づくことが出来れば、いまの自分にはもう必要ないと知り、解放して手放していく。

 

そうすることで枠はどんどん溶けていき、そこには最初から本当の自分がいたのだと 知ることになるんです♪

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

八千代の桜

2016.4.6

桜が綺麗に咲いているのはどこ?京都インクライン~哲学の道にサスペンス定番スポット☆カメラ散歩

Sachi です♪ 綺麗な桜を撮りたくて京都に行ってきました。と言うことで記録写真です。 「インクライン」からスタートです 南禅寺…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る