不安をキャッチするとはエゴの意識と一体化して視野が狭くなると言うこと

名称未設定-69

Sachi です♪

 

私たちは、ほんとうの自分・・・最初から気づいている意識 に気づいていない時、自分の中心からズレているため、あらゆる不安をキャッチしやすくなります。

 

ひとたび『不安』を捕まえてしまえば、無意識であっても自分が安心して生きていく(生き延びる)ためには、どうしたらいいのかと考え始めます。

 

ですが考え始めることは、より中心から離れて行くことになるので、まんまとエゴ、思考の罠にハマってしまうことになります。

 

スポンサーリンク

中心から離れていくとは

エゴは、自然な流れ(宇宙のリズム)とは逆なので、罠にハマると言うのは、その流れに対してわざわざ逆らって、ほんとうの自分から遠ざかって行こうとしている訳です。

 

とても馬鹿げていますが、知らないっと言うことはそう言うことで、人は反対の方向へ必死で安心や安全、何かを求めて外側へと探しに行ってしまうんです。

 

昔の私も そんな一人でした。 以前も書いたように霊感体質と内側のブロックが有り過ぎたため、体がとても弱かったのですが、自分の内側に原因があるなんて考えたこともなかった私は、ただ体が弱いと思っていたので丈夫な体を求めていました。

 

そして当時のエゴが出した答えは、健康食品に頼る! でした(笑) エゴですからね、凄いパワーを持っているものが外側にある!っと思っているんです、それがきっと健康食品としてあるだろうと、だからそれさえ飲めばもう大丈夫だ、安心だと言う訳なんですね。

 

さすがエゴです。びっくりする視野の狭さです。(^_^;)

 

そして やはり 外側まかせときた。(;・∀・)

 

ですが、当時の私には体が弱いと仕事にも影響するため、エゴマックスで真剣に考えた結果だったわけです。

 

そしてあらゆる健康食品を求めていきました。 確かに相性の良い健康食品はありました。元気でいる日が少し増えました。

 

ですが、これは半分以上がプラシーボ効果ですね。

 

最初から健康食品で丈夫な体を手に入れてやる~それしかない!っと決めていますからね。 自分がそう信じて決めたのですから、エゴの望みであっても、信じている分ある程度まではそうなります。

 

 

でもエゴからの望みでしたので、ここまででした。 それ以上の効果は起こりませんでした。

 

スポンサーリンク

私の一番の弱点は

風邪を引くとその後 数日は声が出ないほど喉が弱かったんです。

 

 

スピリチュアルでは、喉はスロートチャクラと言って、言いたいこと(本当の気持ち)を言わずにいる、または言いたいことを言い過ぎると(攻撃)このチャクラに影響が出ます。 要するにエネルギーがここで滞っているわけです。

 

 

私は子供の頃の傷(トラウマ)を、誰にも言わず内側に押し殺して、それを察してケアしてくれるような大人にも出会わずに、成長してしまったので、吐き出したかった本当の感情が ずっと喉に詰まったままだったのです。

 

なのですぐ喉が 爆発(熱)してたんですね。

 

スピリチュアルの世界に入って、内側の自分を知って行き、それを認め、癒し、解放を繰り返していくことで、気がつけば喉の弱さは無くなってしまいました。

 

 

なので若かった過去の私よりも、そこからの今日までの私の方がずっと元気です。 でも仕上げの気づき、あらゆる恐れの原因は外側にはなかった と知ったのは、空(くう)に触れたからです。

 

 

スピリチュアルの意識だけでは ここまでの絶対的な確信、信頼にはなっていませんでした。 何故ならスピリチュアル意識では、体は私 、体=私 になっているからです。 つまり私は人間である!が根底にあるので、それだと気づくことは出来なかったと言うことなんです。

 

 

っと言うわけで、健康食品では 本来の私に戻す力まではないと 今一度 知って頂いて(笑)、私にパワーを戻せるのは ほんとうの私 内側からだけだと言うことです。

 

 

念のためですが、健康食品は意味がないっと言っているのではないので誤解しないてくださいね。 その人が固く思い込んで信じている分だけの何かは、起きるからです。

 

 

それにそれで気分が良くなっていくのであれば使えばいいと思います。 ただ、それらはあくまでも取り入れて楽しんでみる、楽しめる、それくらいが丁度いいのではないかと言うことですね。

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

限界を超える 犬島 アート カメラ旅

2017.7.10

自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方がある

あなたはそれが本当にしたいことではないと 分かっているのだから 『限界』を超えていく必要…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る