体が弱い?エネルギーの影響を受けやすかったのは何も知らなかったから

エネルギー・波動

撮影場所:長崎県佐世保市

Sachi です♪

子供のころからスピリチュアルの世界に入る前まで・・・結構な大人になるまでですね、私はずっと体が弱い っと思っていたんです。でも病状があるのではなくて、いきなり熱を出すと言う感じでした。なので親や身内からも、この子は体が弱い子なんだと思われてきたんです。

 

特に小学生のころは、人混みに出かけた後とか、学校の団体行事の後とか、または私が夢中になり過ぎた後などは、決まって高熱を出していました。でも実際は、体が弱いのではなくて、ただ霊感体質のために、周りのエネルギー・氣、に影響されていた っと言うことだったんです。

 

スポンサーリンク

エネルギー・氣

子供の頃はエネルギーや氣が分かっていませんでしたが、さすがに成長していくと、しんどくなる要素がまったくない時でも急激に体調が変化するので、これはやっぱりおかしいと思うようになりました。 同じシチュエーションで繰り返されると、あれ?もしかして?っと思い始めたんです。

 

見えないものには、良くも悪くも 凄いパワーがあるのだという事が 段々と分かってきます。そしてそれは確信に変わっていきました。ですが当時は相談する人がいなかったため、自分で検証してみる事にしたんです。 一つの同じ状況を3回繰り返してみて、その結果から自分を守るためのルールにしていきました。

 

例えば検証の結果はこんなのです。

「人」では、その人の持っている内側のエネルギーのみから影響を受ける場合と、その人の外側のエネルギーフィールドにあるエネルギーから影響を受ける場合の、二通りあることが分かったりしました。(のちにスピリチュアルの世界に入ってエネルギーを学んだ時に、これは正しかったのだと分かりました)

 

その人自身のバランスの悪さからなのか、またはその人が引き寄せてしまったと思われる付加した別のエネルギーの影響か、と言うことですね。そしてその人そのものからよりも、付加した別のエネルギーの影響の方がかなりのパワーがあって、私には為す術がないと言うことが分かったりしました。

 

スポンサーリンク

場所にもエネルギーがある

「場所」にしてもおなじで、こちらも体をはった検証の結果( ;∀;)は・・・

 

神社の参拝は 午前中のみにすること。どうしてもの時でも14時までしか入らないこと。ただ年末年始などの特別に門がずっと開いている時は夜でも大丈夫ということ。 出掛けた先で、神社を見つけたからといって参拝に誘われても、入りたくないとその時に感じたら、時間帯がOKであっても絶対に入らないこと。

 

これらが当時の私が自分に作ったルールでした。 っと言うことはその逆をした時にどえらい目にあったと察して下されば幸いです(一一”)

 

こんな感じで、スピリチュアルの世界に入るまでは、自分のルールでなんとか自分を守ろうと頑張っていました。なんせ最初の頃はネットもなかった時代ですからね大変でした。

 

でも、自分ではバランスがいいなと思っているんです。それは、見えないモノを観てはいましたが、何でもそれに結びつけて考えたり、最初からそれらのせいにしなかった ことですかね。 なので逆にスピリチュアルの時代には観ていても、感じていても、それを信用するまでに時間がかかりもしましたが・・・どちらにしてもブロックがあったので疑り深かったわけですね。

 

で、エネルギーと言うものを学び理解できるようになってくると、それまで持っていた恐れは次第に消えていき、自分のエネルギーの取り扱いも分かってくるので、影響を受けることは滅多にないのですが、完全ではないので忘れた頃にあったりします。

 

ただ前みたいに高熱が出ることはなく、今は  頭痛 と言う形です。ですがもともと頭痛は無縁で生きて来たので頭痛がするのはキツイですが、これはお知らせサインなのであっていいのだと思っています。

 

なので今の私は、霊感体質・憑依体質であるならエネルギーを知ることは必須だと思いますが、それだけではなくてその先、ほんとうの自分に気づくこと空(くう)に気づくことではじめてすべてが理解できるのだと思います。

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

限界を超える 犬島 アート カメラ旅

2017.7.10

自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方がある

あなたはそれが本当にしたいことではないと 分かっているのだから 『限界』を超えていく必要…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る