観る側と観られる側 世界は思考の数だけあるけど何か問題でも?

名称未設定-58

Sachi です♪

観る側と観られる側は同じである。

 

 

これは量子力学ではすでに言われていますよね。

 

 

つまり、私が観察をした時に初めて、そこに観られるものが生まれるわけです。

 

 

それまでは無なんですよね。

 

 

ただし、この無っと言うのはなんにもないの無ではないですよ。

 

 

全てがあると、表裏一体になっているゼロポイントのところの無です。

 

 

もっと乱暴に言ってしまえば、有=無であり、無=有 っと言うザックリしたイメージでもいいんじゃないかと。

 

 

じゃあそこに、私たちは何を観ているのか?

 

 

それは各々が、信じ込んでいるものだけで出来た世界を観ています。

 

 

なので自分の信じたものしか観れない世界とも言えますよね。

 

 

それは意識・無意識、関係なくです。

 

 

っと言うことはです、あなたが観ているものは、あなたが信じて疑わないものなんです。

 

 

どこに行っても問題のある人がいて困る、っと言う現実をいま観ているのなら

 

 

あなたが、私は必ず問題のある人と出会ってしまう、っと言うのを、絶対的に信じているからです。

 

 

その問題のある人に振り回されている、っと言う現実をいま観ているのなら

 

 

私はいつも問題のある人に振り回される事になる、っと言うのを、絶対的に信じているからです。

 

 

現実でいま、そのような状況になっている場合に、このことを認めれる人は少ないでしょう。

 

 

でも、どこまで行っても、あなたが先なんですよね。

 

 

何故なら最初の、観る側と観られる側は同じである。からですね。

 

 

それを観ているのは、あなただけだからです。

 

スポンサーリンク

 

それでも、まだ信じられませんか?

それでもまだ信じられないと言うなら、

 

 

それこそが、答えですよね。

 

 

ここは、自分の信じたものしか観れない世界 でしたから(^^♪

 

 

だからと言って、それが良いとか悪いとかって言ってるんじゃないです。

 

 

べつに何を信じても構わないんです。

 

 

何かだけが崇高だとか、信じるならこれ!っとか、人に決められるのはおかしいですし。

 

 

ただ、自分が今まで信じて(思い込み)きたものによって、自分が制限され生き辛いのなら、

 

 

その信じているものを、捨ててしまえばいいよね。と言うだけです。

 

 

いまのあなたには、もう必要ないんだから。

 

 

そして自由に観察していい。 それならほんとうに観てみたいものは何なのか?

 

 

ほんとうに観てみたいものに対して、恋い焦がれる観察者の方が 楽しいと思いませんんか♪

 

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

img_1955

2016.9.23

内なる声に教えてもらったこと☆自分が大好きなことについて

Sachi です♪ その声を、どう例えてもいいんですが、いまのところ一番しっくりくるので「内なる声」と言ってるだけ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る