トラウマや心の傷は克服して乗り越えるものだとしたらうまくいかなくなる

Sachi です♪

トラウマや心の闇とかって、克服するもの、乗り越えるもの なんだって、人間意識が強かった頃は、私もそう思っていました。

 

 

ですが、それは克服するとか乗り越えるものとは違うものだよ、って今なら言い切ります。

 

 

克服する・乗り越えるって、どこからやって来たものでしょう?ってことです。

 

 

いつもそれはどこから来たか?が大切ですよね。

 

 

ハートは、トラウマなんか克服するもんだから克服しろ!、頑張って乗り越えるもんなんだよ!など間違っても言いませんから、その声の主は恐れからやってきたエゴの声ですよね。

 

 

もしそのエゴの声を聴きいれて、そうだ克服してやる!とか、乗り越えて見せる!と言う流れになっても、きっとうまくいきません。って言うか、もっとしんどくなっていくと思います。

 

 

何故ならエゴから始まることって言うのは、フォーカスするところが歪んでいるからです。

 

 

エゴは、表面に出てきた事、目に観えること、起こった状況だけにしかフォーカスしないからです。つまり視野が極狭です。起きた出来事にだけフォーカスしてますから、それではいつまでたっても何年経っても無理なんです。

 

 

それだとずっと自分は、被害者意識のままなのです。

 

 

エゴは特に被害者意識が好きでずっと持っていたいのです。

 

 

こんな目にあったのだから!!こんなに苦しい思いをした!!・・・どこまでいっても被害者の感情しか持とうとしません。だって私は悪くないから!が根底にあるからです。

 

スポンサーリンク

でも、それは本当でしょうか?

自分が自分を悪くないと思うとき、相手もまた、自分のことを悪くないと思っています。

 

 

ある意味、みんな自分は悪くないと思っているから生きれるんです。あとで後悔していたとしても。

 

 

それぞれに良くも悪くも言い分があって、それに必死ですがって生きているさまがストーリーですから。

 

 

そして

 

 

そのストーリーから、すこしだけ視線をずらすことが気づきなんです。

 

 

それを意図的にいざなうのが、自分への問いかけなんです。

 

 

だからわざわざ克服しよう!とか、乗り越えよう!と必死で頑張る必要はないんです。

 

 

気づきが始まっていけば、やがてそれはトラウマでも心の闇でもなかった、誰も自分を苦しめてはいなかったとわかります。

 

 

もし、あなたがずいぶん大人になった今もまだ、心の傷を思い出した時、当時と同じ感情がわき起こるのなら、あなたは辛い、悲しい、嫌だと言いながらも、そのストーリーに自らすがって生きていることに気づくしかありません。

 

 

忘れてしまいたいと言いながらも、今日までずっと大切に持ち続けていたのか、と気づくしかありません。

 

 

でもまだそのゲームを続けたいと言うのなら、それも構いませんが、

 

 

いまここに、そろそろ戻って来るのもいいのでは?

 

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

    関連記事

    1. 自分を大切にするとは?ハートと体の声を聴く☆スピリチュアルな気づき

    2. スピリチュアル☆楽に生きるってどういうこと?ポジティブとネガティブは同…

    3. そこに喜びはあるの?ないの?惰性と慣れの境界線が見えない人は不感症

    4. 共に栄えあう歓びのエネルギーで生きるか押し付けあいゲームで滅びていくか…

    5. 本気はホンキの氣のエネルギーを感じて共鳴している

    6. 意識とエネルギーとワンネスが繋がらないから【ひとつ】にならない?

    7. 波動はどうしたら高くなるのか方法があるとしたら?性格が関係すると思うの…

    8. 人はなぜ心配するの?本当の自分の気持ちを知ることでネガティブなエネルギ…

    アーカイブページ