本気はホンキの氣のエネルギーを感じて共鳴している

Sachi です♪

「本気」と書いて「マジ」と読むっていつ流行ったんでしたっけ~?(^o^)

 

でも私は「ホンキ」と読む方が好きです。 何故なら、ちゃんと「氣」と言いたい、言霊(ことだま)にして出したいからですね。

 

「氣」は、「エネルギー」ですから。 「ホンキ」っと読む方がグッと感じます(^^)

 

でもいくら「ホンキ」だ、っと言っても、それにどれくらいのエネルギーが注がれているかは、その人によって違ってきます。

 

つまり、私の使う「ホンキ」と他人の使う「ホンキ」は、常に温度差があるわけです。

 

仮にマックス100まであったとして、60でホンキと使う人もいれば、ホンキとは100だけだ!と言う人もいるわけですよね。ちなみに私は後者で~す(・ω・)ノ

 

だから同じ「ホンキ」っと使っても、エネルギーの量は同じではないんです。

 

なので誰かが「ホンキ」っと使っても、そこにその人のエネルギーがしっかりと注がれていない場合、その人からホンキを感じることなんてできません。

 

それに、ホンキ度100なら すでにその人は何かしらの行動をもうしているので、言葉にする時には事後報告って感じになってると思います。

 

そしてその行動している人を見て、凄いな~って感じるのは、そのホンキのエネルギーを感じている と言うことなんですね。

 

TVとかでも、ハートから感動する、凄いな~って思ったりするのは、その人のエネルギーを感じて共鳴しているわけです。

 

なので、ホンキって言うのは、人にも良い影響を与えると言うことですね♪

 

何かにホンキ出せてますか? (^○^)

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 感謝をはき違えると愛ではなくてエゴのまま?

  2. 子どもは親を選んでこの世界にやってくる

  3. インスタ映えって、だから何?

  4. 自分自身を迎えにいこう

  5. 恐れを手放せないのは何故?恐れているものを知りエゴと一体化しないほんと…

  6. エネルギーが低くなる・滞るのを解決する方法は簡単なのにそれを一番後回し…

  7. 会話が途切れて沈黙になるのが嫌い・怖いと言う人がいる

  8. 6の扉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ