一瞥体験☆ほんとうの自分に触れたときに感じる歓喜はそれも一瞥体験なの?

Sachi です♪

昨日の『一瞥体験について』の続きになります。

 

あくまでも私の捉え方としては、体験を通して意識の在り方の変化があったものを、体験の内容には関係なく『一瞥体験』だとしています。と言うことでした。

 

でも、です・・・なんでもそうだと思いますが、物質でないものを線引きする事じたいに無理がありますよね。

 

と言うのは、ほんとうの自分に触れたときに歓喜を感じるのですが、それもやっぱり一瞥体験の中に入ると思うんですよね。

 

スポンサーリンク

ほんとうの自分に触れたとき

と言うのは、特別に何かがあったわけでもない、何も起きていない、どちらかと言えば今の状況は良くない方かもしれない、それなのにふとしたとき・・・

 

言いようのない安心する感覚に包まれて、わけもなく感謝の気持ちがこみ上げてきたり、生きている歓びがこみ上げてきたり・・・と言うような内側から湧き起こるそのエネルギーを確かに感じる。

 

歓喜を感じて自然に涙が出てくるかもしれません・・・ そんな体験ほんとうの自分に触れたときなんですね。

 

もう一度いいますが、何か良い事があったわけではない、ふつ~~~うのいつもと何も変わらない日常で、そのような出来後を体験した場合です。良い時に歓びを感じる事が出来るのは当たり前ですからね。

 

そして、これはそれまでに気づきがちゃんと進んでいないと『これは何? 何が起きたの?』て言うことになるんですね。そして起きたその状況だけに囚われてしまいます。

 

でもここで大切なのは、その一連の体験をしたことではなくて 触れたその意識にフォーカスすることなんですね。

 

その時にハッキリと感じたはずの歓喜のエネルギー、それがほんとうの自分なのだ と思い出すことなんです。

 

そうなると意識の変化が起きていくのですが、先ほども書いたように本人の気づきがちゃんと進んでいないと、このような体験をしてもスッキリすることもなく 問題が消えることもなく 矛盾も消えたりしないと思います。

 

と言うことで、どんな体験をしても その中で何に!どこに!フォーカスするか?によってすべてが変わってきますよね。

 

そしてどんな中にもそれはあるのですから『一瞥体験』にこだわる必要なんてないわけなんです。

 

そう言う意味ではほんとうに平等なんですよね。

 

誰の前にも例外なく隠されずに『いまここ(空)くう』があるからです(*^-^*)

 

視野をもっともっと広く広く広く・・・・

視点をもっともっと柔軟に変化させて・・・

そうやって色々なことを確実に体験して観じていく

 

それが『いまここ(空)くう』を観じる秘訣だと 今の私は思っています(^^)

 

読んで頂き ありがとうございます♪

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 2

関連記事

  1. 一瞥体験 私の内側と外側の境界線が消えるとそこは全体があるだけ

  2. 現実世界で矛盾がなくならないのはなぜ?☆意識が逆転して矛盾はなくなる

  3. 一瞥体験 空(くう)に触れてからカメラに出会うまで 歓びから生きること…

  4. それは一瞥体験なのか神秘体験なのか不思議体験なのかその違いは何?

コメント

    • 美智子
    • 2016年 2月 15日

    Sachiさん☆
    いつもありがとうございます(*^^*)

    一瞥について、本当に分かりやすいお話をありがとうございました。
    今回は一瞥について、ブログに書きたかったのであの件について、問い合わせをさせて頂きました。
    当時はあの神秘体験が何であったのか、なぜ起きたのか?
    そんなことを知りたくて仕方ありませんでした。
    今となっては、それもエゴだったのだと思いますが。

    そして、神秘体験や一瞥が大切なのではなく、意識の在り方が大切だということも心に響きました。
    Sachiさんに出会えて本当に良かったです。
    ありがとうございました。

    これからも、よろしくお願いいたします☆

      • Sachi
      • 2016年 2月 15日

      美智子さん♪

      コメントありがとうございます(^o^) 
      あくまでも私の捉え方ですが、そう言っていただけて嬉しいです。

      エゴが悪いわけではないので、エゴだと分かっていて、
      それを楽しめるくらいになればいいと思うんですよね☆

      美智子さんのおかげで、私も一瞥体験の捉え方を
      改めてシェアすることが出来てとても良かったと思っています。

      こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
      ありがとうございます。

      Sachi

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ