場のエネルギーを感じてしみじみ思う

Sachi です♪

当たり前のことを、当たり前だけどって、しみじみと感じてしまう時ってありますよね。

 

私が最近 感じたのは、「場のエネルギー」ですね。

 

例えば会社であればそれも一つの「場のエネルギー」なわけで。

 

その場のエネルギーを形成しているのは、そこに集まる人たちです。(とりあえず土地のエネルギーは今回は省いて)

 

その人達によって形成される、「場のエネルギー」は、まるで一つの生き物のように私には観えます。

 

あまりにも酷い「場のエネルギー」の時は、もはやどっちが主か分からなくなる時さえあります。つまり場のエネルギーが先だったのかも って思えるほどと言うことです。

 

そして、そんな中で一日過ごせば、私はもう半端ない疲労感に襲われますが、それがいつもと同じ日常だ と思う人たちもいるわけです(◎_◎;)

 

それはその場のエネルギーに慣れ過ぎてしまって、すっかりセンサーが鈍くなって、もう感じないんですよね。

 

でも・・・

 

その、場のエネルギーっと言うものは、そこに集まるみんなの責任の現れであって、良くも悪くも自分も出しているんだなっと言う意識があれば、その場のエネルギー感じることなんて簡単なんですけどね。

 

読んで頂き ありがとうございます

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. リラックスして空(くう)いまここを生きると一番スムーズに流れて深刻さは…

  2. スピリチュアルはツールを使わないと何も分からない?何も出来ない?

  3. 「恐れるな」それはほんとうでしょうか?

  4. いくつもの引き出し

  5. 気づいている・分かっているけど、どうすれば、どうしたらいいのか分からな…

  6. ノンデュアリティ☆「誰もいない」なら私は誰でどこにいるのだろう?

  7. 自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方が…

  8. ハートの住人はお留守 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ