場のエネルギーを感じてしみじみ思う

Sachi です♪

当たり前のことを、当たり前だけどって、しみじみと感じてしまう時ってありますよね。

 

私が最近 感じたのは、「場のエネルギー」ですね。

 

例えば会社であればそれも一つの「場のエネルギー」なわけで。

 

その場のエネルギーを形成しているのは、そこに集まる人たちです。(とりあえず土地のエネルギーは今回は省いて)

 

その人達によって形成される、「場のエネルギー」は、まるで一つの生き物のように私には観えます。

 

あまりにも酷い「場のエネルギー」の時は、もはやどっちが主か分からなくなる時さえあります。つまり場のエネルギーが先だったのかも って思えるほどと言うことです。

 

そして、そんな中で一日過ごせば、私はもう半端ない疲労感に襲われますが、それがいつもと同じ日常だ と思う人たちもいるわけです(◎_◎;)

 

それはその場のエネルギーに慣れ過ぎてしまって、すっかりセンサーが鈍くなって、もう感じないんですよね。

 

でも・・・

 

その、場のエネルギーっと言うものは、そこに集まるみんなの責任の現れであって、良くも悪くも自分も出しているんだなっと言う意識があれば、その場のエネルギー感じることなんて簡単なんですけどね。

 

読んで頂き ありがとうございます

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. どんなに悪いことが起こっても感謝するのがいいという偽スピリチュアル

  2. すべては自分の内側に原因があるのだから被害者意識のエゴに気づく

  3. 空は色で色は空

  4. 本当の自分って何?どうやって見つける?探すと見つからないのはカラクリが…

  5. 『 人の目 』が気になるという幻想・・・

  6. 過去の怒りは変化していく?気づくことは目覚めの始まり

  7. それって、SMプレーなんですけど・・・

  8. スピリチュアル時代はレッテルをまとい空(くう)は色さえもまとわない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ