過去は変えられない自分のせいだと引きずり苦しい☆本当のことを言いますね

Sachi です♪

自分のせいで、人の運命を変えてしまった・・・のかもしれない・・・・

 

あの時 私が・・・〇〇していれば・・・

 

もしも 私が・・・〇〇していれば・・・

 

あの出来事は 起こらなかった・・・

 

もし、そんな風に思ってしまう過去の出来事が、今もあなたの中で生き続けているのなら

 

そしてそれがずっと何年も、時には何十年も重くのしかかり、引きずったままでいるのなら・・・

真実を知るときです

この真実は 決して目には観えないものなので、あなたに「ほら 観てごらん」って差し出してあげることは出来ません。

 

でもあなたのハートは、最初からこのすべてを知っているのです。

 

だから、あなたがそこに戻っていけば、ほんとうのこと、真実を知ることが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

本当のことを言いますね

ハートの真実の一つのは、

 

『もしもあの時・・・』っと言うものが ない ってことです。

 

もしも・・・と いうのはないんです。 ありません。

 

今あなたがこれを聴いてどう思っても、何を信じていても、もしもは ない それが真実です。

 

でも多くの人が、思考(頭)でこの物質世界を生きているので、受け入れることを無意識に拒否していることも知っています。

 

だから、いくら『もしもあの時 私が・・・・』と そう あなたが悔やんでもね、それは違うんです。

 

誰にも人のストーリーを変えたりは出来ません。

 

誰かが誰かのストーリーをコントロールすることは出来ないんです。

 

それは眠っている人の夢の中に入っていき、好き勝手にその夢のストーリーを変えれないのと同じことなんです。

 

つまり、あなたのせいで その人の運命が変わったんじゃないんです。

 

だけどどうしても、人間の目ではストーリーとしてしか見ることが出来ないから、『残酷な出来事が起きた』としか見れません。 そしてその見えたままを信じてしまいます。

 

思考は どうしてこんな目に? なぜこんなことが! ・・・って繰り返すでしょう。

 

そして処理できない感情はやがて怒りや虚無感、恐れへと膨らんでいき、それを誰かに向けるか(攻撃)、もしくは自分に向ける(自分を責め罰する)ことになっていく。

 

こんなふうに思考は永遠に、真実を『知る(気づく)』ことは出来ないんです。 けれどそれが思考の役割なので構わないんですね。

 

思考は真実を知らない。 これを忘れないでください。

 

思考には、その真実が映らない、観えないんです。

 

だから人の目には見えない、映らない、 それを観ること でしかほんとうのことは分からないのです。

 

そのすべてを知っているのが、ハートです。

 

あなたに真実を気づかせることが出来るのは、ハートだけなんです。

 

ハートがいまあなたに伝えています。

 

ほんとうのことを受け止めましょう と。

 

そして 過去から出て「いま」を「自分」を生きましょう と。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 気づき(ギフト)の前には良くない現実がやってくるもの

  2. 意識とエネルギーとワンネスが繋がらないから【ひとつ】にならない?

  3. 無意識に使っている言葉には思い込みが潜んでいてそれがその人の現実になっ…

  4. 会話が途切れて沈黙になるのが嫌い・怖いと言う人がいる

  5. もしもあのとき違う選択をしていたら、違う人生になっていたかもしれない

  6. 【常識】とは「正解」であり「正しい」であり「正義」だから私は間違ってい…

  7. ポジティブ人間です!という勘違いと思い込み・ポジティブの奥にあるもの

  8. 相性が合う神社を見つける方法はたった一つの基準で決めるのが一番☆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ