過去は変えられない自分のせいだと引きずり苦しい☆本当のことを言いますね

Sachi です♪

自分のせいで、人の運命を変えてしまった・・・のかもしれない・・・・

 

あの時 私が・・・〇〇していれば・・・

 

もしも 私が・・・〇〇していれば・・・

 

あの出来事は 起こらなかった・・・

 

もし、そんな風に思ってしまう過去の出来事が、今もあなたの中で生き続けているのなら

 

そしてそれがずっと何年も、時には何十年も重くのしかかり、引きずったままでいるのなら・・・

真実を知るときです

この真実は 決して目には観えないものなので、あなたに「ほら 観てごらん」って差し出してあげることは出来ません。

 

でもあなたのハートは、最初からこのすべてを知っているのです。

 

だから、あなたがそこに戻っていけば、ほんとうのこと、真実を知ることが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

本当のことを言いますね

ハートの真実の一つのは、

 

『もしもあの時・・・』っと言うものが ない ってことです。

 

もしも・・・と いうのはないんです。 ありません。

 

今あなたがこれを聴いてどう思っても、何を信じていても、もしもは ない それが真実です。

 

でも多くの人が、思考(頭)でこの物質世界を生きているので、受け入れることを無意識に拒否していることも知っています。

 

だから、いくら『もしもあの時 私が・・・・』と そう あなたが悔やんでもね、それは違うんです。

 

誰にも人のストーリーを変えたりは出来ません。

 

誰かが誰かのストーリーをコントロールすることは出来ないんです。

 

それは眠っている人の夢の中に入っていき、好き勝手にその夢のストーリーを変えれないのと同じことなんです。

 

つまり、あなたのせいで その人の運命が変わったんじゃないんです。

 

だけどどうしても、人間の目ではストーリーとしてしか見ることが出来ないから、『残酷な出来事が起きた』としか見れません。 そしてその見えたままを信じてしまいます。

 

思考は どうしてこんな目に? なぜこんなことが! ・・・って繰り返すでしょう。

 

そして処理できない感情はやがて怒りや虚無感、恐れへと膨らんでいき、それを誰かに向けるか(攻撃)、もしくは自分に向ける(自分を責め罰する)ことになっていく。

 

こんなふうに思考は永遠に、真実を『知る(気づく)』ことは出来ないんです。 けれどそれが思考の役割なので構わないんですね。

 

思考は真実を知らない。 これを忘れないでください。

 

思考には、その真実が映らない、観えないんです。

 

だから人の目には見えない、映らない、 それを観ること でしかほんとうのことは分からないのです。

 

そのすべてを知っているのが、ハートです。

 

あなたに真実を気づかせることが出来るのは、ハートだけなんです。

 

ハートがいまあなたに伝えています。

 

ほんとうのことを受け止めましょう と。

 

そして 過去から出て「いま」を「自分」を生きましょう と。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 神さまはいる?神社でお願いごとをしても叶わなかったのはなぜ?愛されてい…

  2. 自分の本当の気持ち・望んでいるものが分からないのはどうして?☆思考はト…

  3. 幸せになりたい☆希望の条件でも満足できないようになっている幸せの仕組み…

  4. ハートと思考の違いを理解する☆自分の感じていることをスルーしないブルー…

  5. どんな職場でも必ず一人はいるんだよね、めんどくさい人、仕事が出来ない人…

  6. ポジティブ人間です!という勘違いと思い込み・ポジティブの奥にあるもの

  7. 本当の自分って何?どうやって見つける?探すと見つからないのはカラクリが…

  8. 人は自分の鏡?相手を見てイラッとするのは私の問題なのか相手の問題なのか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ