私が自分を認めているとき

応募1

.

私はその意見とは違う意見を持っているから、

あなたの意見には賛成しない

でもあなたが何を選ぶかは あなたの問題であって

私の問題ではない

.

私が何を選ぶかが 自由であるように、

あなたが何を選ぶかは 自由である

 あなたは私のために生きているわけではないから、

私にとって良い人になる必要はない

.

私がどんな私で在ってもいいように、

あたながどんなあなたで在ってもいい

だからあなたを

こんな人で在ってほしい! と思うときは、

私は自分の存在を

否定しているのと同じこと

.

.

Jan 21, 2016

スポンサーリンク

.

.

  • コメント: 0

関連記事

  1. 異国の地で日本の春を想う人へ

  2. たった「いま」はまだ何も決まっていない 

  3. 自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方が…

  4. 6の扉

  5. 贈り物

  6. 乾いたハート

  7. ハートの不感症

  8. 君が逝った・・・3月の遠い記憶 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ