私が自分を認めているとき

応募1

.

私はその意見とは違う意見を持っているから、

あなたの意見には賛成しない

でもあなたが何を選ぶかは あなたの問題であって

私の問題ではない

.

私が何を選ぶかが 自由であるように、

あなたが何を選ぶかは 自由である

 あなたは私のために生きているわけではないから、

私にとって良い人になる必要はない

.

私がどんな私で在ってもいいように、

あたながどんなあなたで在ってもいい

だからあなたを

こんな人で在ってほしい! と思うときは、

私は自分の存在を

否定しているのと同じこと

.

Jan 21, 2016

スポンサーリンク

.

.

  • コメント: 0

関連記事

  1. もしもあのとき違う選択をしていたら、違う人生になっていたかもしれない

  2. 意識とエネルギーとワンネスが繋がらないから【ひとつ】にならない?

  3. 問いかけの鍵

  4. 仕事が出来ない奴だから批判や否定そんな奴は会社を辞めさせろと言ったら?…

  5. 自分を大切にするとは?ハートと体の声を聴く☆スピリチュアルな気づき

  6. 案内人

  7. 意味なんて求めるな 

  8. 猫か人か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ