私が自分を認めているとき

応募1

.

私はその意見とは違う意見を持っているから、

あなたの意見には賛成しない

でもあなたが何を選ぶかは あなたの問題であって

私の問題ではない

.

私が何を選ぶかが 自由であるように、

あなたが何を選ぶかは 自由である

 あなたは私のために生きているわけではないから、

私にとって良い人になる必要はない

.

私がどんな私で在ってもいいように、

あたながどんなあなたで在ってもいい

だからあなたを

こんな人で在ってほしい! と思うときは、

私は自分の存在を

否定しているのと同じこと

.

Jan 21, 2016

スポンサーリンク

.

.

  • コメント: 0

関連記事

  1. 感謝をはき違えると愛ではなくてエゴのまま?

  2. 誰であれば私を正しい方向へと導いてくれるのかという幻想 

  3. 場のエネルギーを感じてしみじみ思う

  4. エゴと幸せの関係

  5. 嘘のない瞳

  6. 観る側と観られる側 世界は思考の数だけあるけど何か問題でも?

  7. みたいように観る気づいている意識

  8. そこに喜びはあるの?ないの?惰性と慣れの境界線が見えない人は不感症

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ