見えているものと観えていないもの 

見えているものばかりを

追いかけると

観えていないものがあることすら

忘れてしまうよ

観えていない

と言うのは

何も「無い」

空っぽ

と言う事じゃなくて

すべてが

その中に

「ある」と言うこと

その見えてはいない

「ある」を

観ることを

観じると言うんだよ

観じる事が出来ると

湧き起こるのは

「感謝」で

嫌でもそこに

行きつくんだよ

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 永遠に繁栄し続けていくエネルギーは歓びのエネルギー

  2. スピリチュアル時代はレッテルをまとい空(くう)は色さえもまとわない

  3. 過去の怒りは変化していく?気づくことは目覚めの始まり

  4. エゴが邪魔するワンネスの意味「あなたはあなた、わたしはわたし」

  5. 第3章 ~“わたし”と言うストーリーから目覚める~

  6. ノンデュアリティ☆「誰もいない」なら私は誰でどこにいるのだろう?

  7. 眠っていたい症候群 

  8. 非二元の「わたしはいない」「問題は起きていない」のキケンな罠にはまる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ