自分をあきらめて見捨てたいと思ってもそれでもあなたは大丈夫なのです

 

いつ

自分をあきらめたのだろう

 

どこで

自分を見捨ててしまったのだろう

 

いつのことだったのかも

分からないほど

忘れてしまったのかもしれない

 

なぜ

自分をあきらめてしまったのだろう

 

どうして

自分を見捨ててしまったのだろう

 

 

あきらめることの方が簡単だったから

 

自分を見捨てる方が楽だったから

 

 

だけど

どんなことがあっても

 

何があっても

 

絶対に自分をあきらめてはいけなかった

 

見捨ててはいけなかった

 

だけど そんなことは無理

 

と言う思い込みさえ外せば

 

やり直しは何度でも出来ます。

 

けれど もし

 

決して 自分をあきらめてはいけない

 

決して 自分を見捨ててはいけない

 

と、そう言ってくれる人が

 

あなたのそばに

 

たった一人でも いるなら

 

あなたは大丈夫なのです。

 

でも私には誰もいないと言うかもしれない。

 

それならあなたの中にいるわたしが代わりに言います。

 

決して自分をあきらめてはいけません。

 

決して自分を見捨ててはいけません。

 

何度でもスタートをきればいい。

 

だってあなたは大丈夫なのだから。

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 問いかけの鍵

  2. 誰であれば私を正しい方向へと導いてくれるのかという幻想 

  3. そこに喜びはあるの?ないの?惰性と慣れの境界線が見えない人は不感症

  4. 自分の気持ちを感じる・自分を知る・思考とハートのあれこれ

  5. 愛なのかエゴなのか自分が放っている波動を知る

  6. 本当にやりたいことは何?と聴かれて分からないと答える人は頭で考えている…

  7. 良いか悪いか・正しいか間違いか・たった一つの正解や真実があるわけじゃな…

  8. 天に委ねるだけで何とかなる?その前に!自分の本当の望みを知って決めてか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ