自分をあきらめて見捨てたいと思ってもそれでもあなたは大丈夫なのです

 

いつ

自分をあきらめたのだろう

 

どこで

自分を見捨ててしまったのだろう

 

いつのことだったのかも

分からないほど

忘れてしまったのかもしれない

 

なぜ

自分をあきらめてしまったのだろう

 

どうして

自分を見捨ててしまったのだろう

 

 

あきらめることの方が簡単だったから

 

自分を見捨てる方が楽だったから

 

 

だけど

どんなことがあっても

 

何があっても

 

絶対に自分をあきらめてはいけなかった

 

見捨ててはいけなかった

 

だけど そんなことは無理

 

と言う思い込みさえ外せば

 

やり直しは何度でも出来ます。

 

けれど もし

 

決して 自分をあきらめてはいけない

 

決して 自分を見捨ててはいけない

 

と、そう言ってくれる人が

 

あなたのそばに

 

たった一人でも いるなら

 

あなたは大丈夫なのです。

 

でも私には誰もいないと言うかもしれない。

 

それならあなたの中にいるわたしが代わりに言います。

 

決して自分をあきらめてはいけません。

 

決して自分を見捨ててはいけません。

 

何度でもスタートをきればいい。

 

だってあなたは大丈夫なのだから。

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分が望むパラレル・ワールド・自分と同じエネルギーのパラレル・ワールド…

  2. すべてはうまくいっている紅葉の写真

    自由になりたくて「自由」を探すけれどどこにもないと感じるのはなぜ?

  3. 【常識】とは「正解」であり「正しい」であり「正義」だから私は間違ってい…

  4. 魂が成長する学びの場だと信じていたスピリチュアル時代の勘違い?

  5. 愛なのか恐れなのか

  6. 「恐れるな」それはほんとうでしょうか?

  7. 母親との関係が苦しみを生んでいた・自我(エゴ)の思い込みを見つけて終わ…

  8. たった「いま」はまだ何も決まっていない 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ