君が逝った・・・3月の遠い記憶 

あれから・・・

どれだけの季節が過ぎたか知ってる?

 

君だけが歳をとらず

若い頃のままで

今ではズルイなと思うよ

 

もちろん肉体が

君自身でないことを

今の私は知っていても

そんな風に思えるよ

 

もう3月も終わるよ

 

私はまた

君のことなんてすぐに忘れて

夏・秋・冬と 夢中で過ごすよ

 

早くに逝ってしまった君の分まで!

なんて言うつもりもない

 

生きる長さを損得で

意味づけなんてしない

比較もしない

 

ただ 素直に

自分を生きるよ

観じて生きるよ

 

 

読んで頂きありがとうございます

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 『 人の目 』が気になるという幻想・・・

  2. 感じたままでいて 

  3. 意味なんて求めるな 

  4. 嘘のない瞳

  5. 自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方が…

  6. ハートの住人はお留守 

  7. 夕焼けだったり雨だったりどんな天気でも美しい厳島神社

  8. 頑張ってもうまくいかないのは何がダメで何が足りないの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ