君が逝った・・・3月の遠い記憶 

あれから・・・

どれだけの季節が過ぎたか知ってる?

 

君だけが歳をとらず

若い頃のままで

今ではズルイなと思うよ

 

もちろん肉体が

君自身でないことを

今の私は知っていても

そんな風に思えるよ

 

もう3月も終わるよ

 

私はまた

君のことなんてすぐに忘れて

夏・秋・冬と 夢中で過ごすよ

 

早くに逝ってしまった君の分まで!

なんて言うつもりもない

 

生きる長さを損得で

意味づけなんてしない

比較もしない

 

ただ 素直に

自分を生きるよ

観じて生きるよ

 

 

読んで頂きありがとうございます

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 子どもは親を選んでこの世界にやってくる

  2. 自分の見たいように見ている世界☆それって動物園の檻の中?

  3. 仕事が出来ない奴だから批判や否定そんな奴は会社を辞めさせろと言ったら?…

  4. 「人として」のことは人としてで「スピリチュアル」とは違います

  5. 子供の頃の嫌な出来事が忘れられない☆大丈夫それは大きなギフトに変わる物…

  6. スティーブ・ジョブスだけ?いえいえ、いつのどの時代にもそう思う人はたく…

  7. 自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方が…

  8. 幸せになりたい☆希望の条件でも満足できないようになっている幸せの仕組み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ