君が逝った・・・3月の遠い記憶 

あれから・・・

どれだけの季節が過ぎたか知ってる?

 

君だけが歳をとらず

若い頃のままで

今ではズルイなと思うよ

 

もちろん肉体が

君自身でないことを

今の私は知っていても

そんな風に思えるよ

 

もう3月も終わるよ

 

私はまた

君のことなんてすぐに忘れて

夏・秋・冬と 夢中で過ごすよ

 

早くに逝ってしまった君の分まで!

なんて言うつもりもない

 

生きる長さを損得で

意味づけなんてしない

比較もしない

 

ただ 素直に

自分を生きるよ

観じて生きるよ

 

 

読んで頂きありがとうございます

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. ハートの不感症

  2. 人生は勝手に起こっているならどうする?

  3. ハートと思考の違いを理解する☆自分の感じていることをスルーしないブルー…

  4. スピリチュアルメッセージはエゴとは違うから思考ではなく情熱から湧き起こ…

  5. 気づいている・分かっているけど、どうすれば、どうしたらいいのか分からな…

  6. 意味なんて求めるな 

  7. 嘘のない瞳

  8. 無意識に使っている言葉には思い込みが潜んでいてそれがその人の現実になっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ