たった「いま」はまだ何も決まっていない 

たった「いま」は まだ

何も起きていない

何も決まっていない

何も始まっていない

 

けれど

多くの場合

何も決まっていないまっさらな「いま」に

過去から持ち続けているパターンをはめこむ

 

点ではなく、線の延長をはめこむ

 

常識で考えるとこうで、

社会が正しいとする答えはこうで、

親がこういうから、これを望むから、

人がすすめるから、

分析すると・・・、

確率では・・・、

習慣で・・・

無意識で・・・

 

そうやって

「いま」の中に投げ入れる

 

しばらくすると

自分が毎瞬、毎瞬、投げ入れている

そのことも忘れてしまう

 

けれどこの世界は

自分が投げ入れたものしか

見ることが出来ないよ

 

何も決まっていない

どこまでも自由に変化する

いつもまっさらな

「いま」「いま」「いま」・・・

 

目の前はいつも

そんな「いま」だらけでいっぱいなのに

まだ

同じものを投げ込むの?

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方が…

  2. 第3章 ~“わたし”と言うストーリーから目覚める~

  3. 観る側と観られる側 世界は思考の数だけあるけど何か問題でも?

  4. 現実は各自の思い込みで創造されていて絶対だと信じている一人に一つの世界…

  5. ポジティブ人間です!という勘違いと思い込み・ポジティブの奥にあるもの

  6. エゴ・思考とハート・歓びからの気づきは意味も違うし結果も違うもの

  7. 怒りの感情と一体化しすぎて怒鳴りちらす人

  8. どこにいる?誰といる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ