たった「いま」はまだ何も決まっていない 

たった「いま」は まだ

何も起きていない

何も決まっていない

何も始まっていない

 

けれど

多くの場合

何も決まっていないまっさらな「いま」に

過去から持ち続けているパターンをはめこむ

 

点ではなく、線の延長をはめこむ

 

常識で考えるとこうで、

社会が正しいとする答えはこうで、

親がこういうから、これを望むから、

人がすすめるから、

分析すると・・・、

確率では・・・、

習慣で・・・

無意識で・・・

 

そうやって

「いま」の中に投げ入れる

 

しばらくすると

自分が毎瞬、毎瞬、投げ入れている

そのことも忘れてしまう

 

けれどこの世界は

自分が投げ入れたものしか

見ることが出来ないよ

 

何も決まっていない

どこまでも自由に変化する

いつもまっさらな

「いま」「いま」「いま」・・・

 

目の前はいつも

そんな「いま」だらけでいっぱいなのに

まだ

同じものを投げ込むの?

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 人は自分の鏡?相手を見てイラッとするのは私の問題なのか相手の問題なのか…

  2. 子どもは親を選んでこの世界にやってくる

  3. 落ち込むんでも大丈夫そこから本当の自分を知ることができます♪ギフトはも…

  4. 歩き続ける

  5. 世界はあなたが観たとおりにある

  6. 他人に厳しい・人に優しく出来ない自分が嫌だと思っているなら本当の自分に…

  7. ハートと思考の違いを理解する☆自分の感じていることをスルーしないブルー…

  8. 人はなぜ心配するの?本当の自分の気持ちを知ることでネガティブなエネルギ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ