誰であれば私を正しい方向へと導いてくれるのかという幻想 

ほんとうの意味で

 

『 私 』を導けるのは

 

私だけです。

 

もちろん、人というのは気づいていても、いなくても

 

生きているというだけで

 

既にたくさんの人たちに支えられています。

 

けれど

 

ほんとうの意味で

 

『 私 』を動かすことが出来るのは

 

私だけなのです。

 

誰かが変わりに私を動かしてはくれません。

 

そして、

 

『 私 』を動かすのに必要なもの

 

それは、

 

自分自身を信じているという

 

『 自信 』です。

 

『 自信 』は『 私 』を動かすことができます。

 

 

つまり・・・

 

自分を信じている『 私 』しか

 

『 私 』を正しい方向へと

 

導びくことはできないのです。

 

 

そう、

 

あなたが

 

あなた自身を導ける

 

唯一の人なのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 見えている先にある観えないもの

  2. スティーブ・ジョブスだけ?いえいえ、いつのどの時代にもそう思う人はたく…

  3. 案内人

  4. ヴィジョンは深呼吸とリラックスのあとからやってきます☆ ~エンジェルメ…

  5. 自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方が…

  6. 気づいている・分かっているけど、どうすれば、どうしたらいいのか分からな…

  7. 乾いたハート

  8. 目覚めるまでじっと待つ天使

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ