自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方がある

あなたはそれが本当にしたいことではないと

 

分かっているのだから

 

『限界』を超えていく必要はないんだよ。

 

何故なら

 

それはとても歪んでいるから。

 

けれど 『現実』という枠に洗脳されている人や、あなたのハートを観ていない人はね、『自分で自分の限界を決めてはいけない』なんて、もっともらしいこと言って『現実』という枠の中にあなたを繋ぎ止めようとするんだよ。

 

それが社会というものだとか。

 

みんなそういう時期を超えてきたとか。

 

そうやって奴隷に成り下がる生き方を押し付けてくる。

 

でも、

 

違う!違う!とあなたのハートが叫んでいることに対して それを当てはめてはいけないよ。

 

奴隷に成り下がってはいけない。

 

自分を偽ってはいけない。

 

 

『自分で自分の限界を決めてはいけない』とは、

 

あなたが本当にしたいこと、やりたいことに対して使うものだから。

 

 

いまハートに観じている

 

『それ』を信じて、

 

そして その『自分』を信じて!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 『それ』ノンデュアリティ

  2. ほんとうのことが隠れているところ

  3. ハートの不感症

  4. 案内人

  5. エゴがあなたに望むストーリー 

  6. 簡単な人生

  7. たった「いま」はまだ何も決まっていない 

  8. ハートの住人はお留守 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ