自分自身を迎えにいこう

同じ人達の中で

同じことの繰り返しだけでは

いつしか心は止まってしまう

 

大きく広げていた羽根も

次第に消えて

 

遠くを見ていた瞳も

いまは目の前のことに追われている

 

新しいことをするのは

面倒になって

変化することが落ち着かなくなる

 

そうやって

いつしか

自分自身からも

離れてしまったね

 

ほんとは何をしたかった?

 

ほんとは何が好きだった?

 

ほんとは何を望んでいた?

 

離れてしまった

もう一人のあなたが

いまでもずっと

あなたの中で

待っているよ

 

どうか

あなたの世界が

本来のあなたの姿で

在りますように

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 誰であれば私を正しい方向へと導いてくれるのかという幻想 

  2. 誰にとってなの?

  3. 愛なのか恐れなのか

  4. 乾いたハート

  5. 気づいている・分かっているけど、どうすれば、どうしたらいいのか分からな…

  6. 自分を粗末に扱う人は

  7. 『 人の目 』が気になるという幻想・・・

  8. 私が自分を認めているとき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ