どんな職場でも必ず一人はいるんだよね、めんどくさい人、仕事が出来ない人。それってどうよ?

Sachi です♪

どこの職場でもいます、いました、いるもんです。

 

かかわった人たちが皆 感じる「めんどくさい人」だったり「仕事が出来ない人」。

 

でもね、

 

それって仕方ないんですよね。

 

え~仕方ない?(゚Д゚;)なんで?

 

何故なら、法則だからです(笑)

 

そう「2-6-2」ってやつですね。

 

例えば100人いたら、超優秀な上の20人:一般的な真ん中の60人:出来ない下の20人って感じになるんです。

 

これは別に「優秀」とかでなくても、

 

例えば10人いて、自分と気の合う2人:可も不可もない普通の6人:気が合わない2人とか。

 

だいたいそんな感じの比率になるんだよ~ってことです。

 

なので言い換えれば、人が集まる以上、完璧な人間関係の会社はない!ということですね(^^;)

 

なくて普通なんです。

 

あったら、それは超ラッキーです。

 

でもたとえ下の20人を排除して、それ以外の80人で再編成しても、その80人の中ではまた「2-6-2」が起こるので、人が集まればそういうもんなんだな~と、まずは理解しておくのが一番いいと思います。

 

下の2 はなくならない。

 

そしてそれでいい。

 

なくそうと必死になる必要はない。

 

だけど・・・・・

 

そこを踏まえても、その「下の2」の誰かが、自分にとっては支障をきたし「問題」が起こっているのであれば、そしてそれが自分でも「問題」となっているのであれば

 

もう、やることは最初から決まっています。

 

よね?

 

相手を変えることは出来ませんから・・・・

 

「自分が変わる」ですね。

 

自分が変わっていこうじゃないですか~!!

 

変化の時が来ているだけです☆(*^-^*)

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 過去の怒りは変化していく?気づくことは目覚めの始まり

  2. 自分の感じている事が分からないどうすればいい?

  3. 恐れを手放せないのは何故?恐れているものを知りエゴと一体化しないほんと…

  4. 日常と非日常の違いはなくなるものなの?☆スピリチュアルな気づき

  5. 10年目の社員と経営者の場合なら毎日の意識の在り方の違いは10年後にど…

  6. 共に栄えあう歓びのエネルギーで生きるか押し付けあいゲームで滅びていくか…

  7. エゴと幸せの関係

  8. 人は自分の鏡?相手を見てイラッとするのは私の問題なのか相手の問題なのか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ