エゴと幸せの関係

どんな出来事が起こっても

そこにエゴを介入させなければ

いつでも

どこでも

どんな時でも

幸せを観じることはできるのです。

 

 

逆に

どんな人であっても

エゴを中心に立ってしまうと

いつまでも幸せを感じることは出来ないのです。

 

 

「意識の在り方」の違いだけが

分かれ道です。

 

ほんとうの自分の想いに意識を向けず

エゴに任せて自動運転をさせてしまうと

必ず恐れの道に走り出します。

 

こんな自分ではダメだと言う恐れ

 

自分には何かが足りないという渇望

 

エゴが走り出すと終わりなんてありません。

 

滅びるまで、まっしぐらなのです。

 

・・・・

 

そこまでして得たかったのは

 

一体、なんだったのでしょう?

 

何を必死になって追いかけていたのでしょう?

 

・・・・

 

エゴから離れれば

 

つきものが落ちるように

 

分かることです。

 

・・・・

 

「幻想」とは

 

ある意味、エゴの方なのかもしれませんね。

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

  • コメント: 2

関連記事

  1. ありのままを認める

  2. トラウマや心の傷は克服して乗り越えるものだとしたらうまくいかなくなる

  3. 感じて気づいて変化していくものの正体は何?

  4. ワクワクなのかエゴ・自我なのか分からない時どうすればいい?

  5. エゴが邪魔するワンネスの意味「あなたはあなた、わたしはわたし」

  6. インスタ映えって、だから何?

  7. 観る側と観られる側 世界は思考の数だけあるけど何か問題でも?

  8. ポジティブ人間です!という勘違いと思い込み・ポジティブの奥にあるもの

コメント

    • 緒方
    • 2018年 6月 09日

    まわりの景色がキラキラと。最近そういう風に見えたりすることもあります。でも、やっぱり不安とか恐怖とか。

    Sachiさんのブログ、過去のものもすべて考えさせられています。
    ありがとうございます。

      • Sachi
      • 2018年 6月 10日

      緒方さま♪

      いつも読んで感じて頂いてほんとうに嬉しいです!!
      不安や恐怖にフォーカスすれば、それは誰でも不安になるし
      恐怖を感じるものなのでね(*^-^*)
      キラキラ見える日はそれを感じて楽しんでくださいね~

      ありがとうございます。
      Sachi

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ