スピリチュアルはツールを使わないと何も分からない?何も出来ない?

Sachi です♪

 

私も ヒーラーやスピリチュアルカウンセラーをしていた頃は、何かしらの「ツール」を使っていたけど、空(くう)に触れてからそれらを卒業して、今は当たり前ですが な~んにも使っていません。

 

っていうか、もともとは何にも使ってなかったけど、観えるものは観えてたし。。。

 

何にもというのは「ツール」という意味なので、自分自身・・・内側の感覚は使ってます(*^-^*)

 

で、いつもそこの感覚が勝手に『違和』をキャッチしてくれます。

 

勝手に?(。´・ω・)?

 

はい。勝手にです。

 

相手が喋ってますよね。

 

ビジョン的に言うと・・・喋っているそれらの言葉がその人の周りに文字となって空間に出てきていて、普通はそのまますぐに消えていくのですが、私のセンサーに引っかかると、『違和』が体感として届き、その『ワード』が私の中に残ります。

 

その人にとって、それが大切な キー なんですね。

 

なのでその『違和』をひも解いていく。 クライアントさんの場合はそんな感じでやっています。

 

でも使い方みたいなのはなくて、先週、親戚の人が足の手術をしました。

 

で、私はそれを聞いてビジョンの中でスキャンしてみました。とこんな風に使ったりもしてます。

 

すると片方の足が透明になります。なのでこちらの足を手術したんだなと確信します。家族の人に確認すると、やはりそうでした。

 

本人に確認して、不安がらせてはいけないと思い、家族にしたのですが、こっちの足だよね?っと断言したことで、なんで?そっちの足だと?何かあるの?と怖がらせてしまい意味なかったんですが。。。

 



話題は神社へと

で、そんな話からなぜか話題が 神社の話になって(^_^;) ある〇〇〇神社がパワースポットだと言ってたから、行ってみたい言います。

 

え~\(~o~)/ よりによって、そこ? そこね、あかんやつよ。あかんやつ。

 

私はどう説明したら分かってもらえるかな~?と、まずその神社のHPを見ようと思い検索をしたら、とあるHPが目に飛び込んできました。気になったので入ってみたんです。

 

そしたら・・・・

 

お~!なんということでしょう~☆

 

実は私、もの凄く違和を感じているカウンセラーの有名人がいるんですよね(^_^;) 違和を感じているため私の中ではその人はニセモノになるんですが(笑) で、そのHPの管理人の方もまったく同じことを言っていて、なんとそれを検証までされていたんですよね。

 

凄~い!! そして、それは正しかったばかりではなく、その有名人はもっと酷くエゴになっていて、え~そんなことになってたのか~と 本当に驚きました。

 

で、その有名人は、その最初のあかんやつの神社にも繋がっていた というオチだったのです!!

 

いや~そうなるよね~うんうん、やっぱりほんと良く出来ているな~と思いました。

 

その有名人に違和を感じたのは、何年も前のことでした。ブームの時ですね。ブームの時だったので嫌でもウェブで知るハメになったわけですね。

 

で、何?どんな人なの?って軽いノリで一度入ってみたら・・・もう違和感しかなかったわけです(笑)

 

けれど一般の人には中々見抜けないと思いますね。だから人気があったようです。

 

私は違和感しななかったので、それきり眼中に入ることもなく何年も過ぎて、それが今回のこの流れで、もう一度見てみたら・・・以前とは比べものにならないほど酷くて、しばらく気持ち悪くなりました。。。(;一_一)

 

もう二度と見ることもないです。

 

自分から出したものしか受け取れないのに・・・

 

エゴの動機か、ハートの動機か、

 

間違えないようにしたいですね(*^-^*)

 

それを教えてくれているようですね。感謝ですね☆

 

読んで頂きありがとうございます。

 
スポンサーリンク

豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換

  • コメント: 0

関連記事

  1. 意味なんて求めるな 

  2. 歩き続ける

  3. 自分の中で起こっているから自分が考えていると信じて疑わない 

  4. 天に委ねるだけで何とかなる?その前に!自分の本当の望みを知って決めてか…

  5. バイブレーション 

  6. 誰であれば私を正しい方向へと導いてくれるのかという幻想 

  7. 乾いたハート

  8. ハートから湧き起こるエネルギーに包まれたらエネルギーのメンテナンスは完…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ