ほんとうの自分・ハートの声が分からないのは自分を信じていないから?思い込みの世界 

Sachi です♪

断トツに多い依頼が・・・

「ハートの声にそって生きたいのにそれが分からなくて苦しい、それが出来ないんです」というようなものです。

 

それらについては、過去に記事をいくつも書いていると思うのですが、今日は違う切り口でいこうと思います。

 

「ハートの声にそって生きたいのにそれが分からない」と言う人は、「それが分ること」をもの凄く大袈裟に考えていたり、きっとこんな感じで分かるんだろうと、分かり方を決めつけている場合がほとんどです。

 

なので本当はもう何度もハートから伝わっているにもかかわらず、決めつけていたり、もっと凄い感じでやってくると考えているため、その声をスルーするから、それが観えないのです。

 

またそれとは別なタイプでは

 

「自分には無理かもしれない、出来ないのでは?」と、知りたい分かりたいと言いながら、心の底では自分のことを疑っている人ですね。

 

そういう人はまず、そこが問題ですよね?(笑)

そこをスルーして先には進めませんよね。

 

また、自分のことを疑っている というのは、自分を信頼していないということですから、すべてにおいて先に進みません。

 

そして

人は自分の信じたもので出来ています。

人は自分の信じたもので世界を創って観ています

 

ですから、そういう人は 自分のことは信じてはいないが、自分が信じている何かで出来ている ということになります。複雑ですね~(笑)

 

ここまで大丈夫ですか?

 

では一体何を信じているのか?

 

つまり

「ハートの声にそって生きたいのにそれが分からなくて苦しい、それが出来ないんです」ではなくて本当は、

 

これよりも他の何かを信じているから、これを理解することは今信じていることとは違うので無理です。となってしまっているわけです。

 

それが自分では気づいていない「不要な思い込み」とか「観念」などというものですね。

 

それがあるため「ハートの声にそって生きたいのにそれが分からない」ということに、最初から抵抗している何かがある(何か別のことを信じている) だから 出来ない、分からないとなってしまいます。

 

なのでそういう人はスタート地点から同じところクルクルと回ってしまいます。

 

このように、自分が出来ない、分からないと言っていることに対して、どうしてそうなのか?ともっと自分を観察することが大事なんですね。

 

出来ない、分からないということで終わらせてしまうのは、エゴの罠にまんまとハマっているということなんです。

 

そして終わらせてしまえるのは、出来ない、分からないと言っている方がエゴには楽だからです。

 

なので エゴの楽を取るということは、ほんとうの自分にとっては 自分虐待 になっているということです。

 

どちらで生きても自由です。

 

でも私は、ほんとうの自分を選択する人だけと どんどん繋がっていく所存です☆

 

魔法のツールは外側には決してありません。

 

あなたの中にすべてがあります。

 

読んで頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 目覚めるまでじっと待つ天使

  2. どんぐりの森の精霊

  3. 本当の自分の気持ちを知る方法が分からないと悩むときには2つの脱出方法に…

  4. パラダイム

  5. 「人として」のことは人としてで「スピリチュアル」とは違います

  6. どんな職場でも必ず一人はいるんだよね、めんどくさい人、仕事が出来ない人…

  7. ヴィジョンは深呼吸とリラックスのあとからやってきます☆ ~エンジェルメ…

  8. ハートを感じる感覚が分からない超感覚を呼び覚ます方法ってある?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ