自分が望むパラレル・ワールド・自分と同じエネルギーのパラレル・ワールド

 

良い状態の時には 見えていなくても

そうでなくなると

たちまち見えてくるのが 意識の在り方(エネルギー)

 

いま世界中で

それは嵐のように吹き荒れ

ほんとうのあなたは

どこに行くのかを決める

 

どんどんと

それぞれのパラレル・ワールドへ

移行していく

 

けれど

行きたい世界と

自分のエネルギーが同じでなければ

たどり着かない。

 

それは

すべての人が

平和で、歓びとともに

生きている世界に行きたいなら

自分自身が

平和で歓びとともにいるかどうか

 

それは

平和と歓びを望んでいるから

それをとても大切に思うということ。

 

だからそのために

今 自分が出来ることは何か?

とるべき行動は何か?

なすべきことは何か?

と自分へ問いかけることができる。

 

 

けれど

そんな世界を考えてもいない人は

視野が狭く、

想像力もなく、

自分の事しか考えず

自分の我欲を満たすことだけ。

 

目の前に起きていることにも無関心

考えれるのは自分の半径1Mのことだけ

であるならのなら・・・

 

待っている世界は

そんな思考をもった人達しかいないパラレル・ワールド。

 

 

防災セット SHELTER 1人用☆ 防災士監修の防災グッズ 災害対策 防災用品 国内生産7年保存食 7年保存水 防災ラジオライト エアーマット 凝固剤不要トイレ 救急セット 避難グッズ 避難用品 法人 自治体 楽天

  • コメント: 0

関連記事

  1. 内なる声に教えてもらったこと☆自分が大好きなことについて

  2. 私が自分を認めているとき

  3. ノンデュアリティ☆「誰もいない」なら私は誰でどこにいるのだろう?

  4. ハートが知っている真実、ハートチャクラから観えてくるもの

  5. もしもあのとき違う選択をしていたら、違う人生になっていたかもしれない

  6. 自分で限界を決めてはいけないと言っても奴隷的な生き方とハートの生き方が…

  7. 場のエネルギーを感じてしみじみ思う

  8. 乾いたハート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ