「恐れるな」それはほんとうでしょうか?

「恐れ」も

最初から備わっているという意味で

ただ「あるもの」です。

 

なんども記事で書いてきたことですけど、

あるものは

あっていいから

あるのです。

 

ないものは

最初から

ないんです。

 

だから

大切なのは

自分が何をほんとうに「恐れている」のかを

知ること、気づくことだけです。

 

なので

「恐怖に負けるな」という言葉は

違和を覚えます。

恐れと勝負のように聞こえます。

 

良い・悪い

善・悪

損・得

勝ち・負け

いつまでそんなゲームをやるのでしょう。

 

長く長く、気の遠くなるほど

長く続いた そのゲームの

終わりのときが

いま、目の前に来ているというのに・・・

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 今日もがんばろ~と、テンションをあげて自分を頑張らせている?

  2. 夕焼けだったり雨だったりどんな天気でも美しい厳島神社

  3. 過去の怒りは変化していく?気づくことは目覚めの始まり

  4. 自分をあきらめて見捨てたいと思ってもそれでもあなたは大丈夫なのです

  5. 人を変えたいと思うのがエゴですゲームを止めて自分が変わる☆スピリチュア…

  6. 子どもは親を選んでこの世界にやってくる

  7. 本当にやりたいことは何?と聴かれて分からないと答える人は頭で考えている…

  8. 君が信じるもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ