「恐れるな」それはほんとうでしょうか?

「恐れ」も

最初から備わっているという意味で

ただ「あるもの」です。

 

なんども記事で書いてきたことですけど、

あるものは

あっていいから

あるのです。

 

ないものは

最初から

ないんです。

 

だから

大切なのは

自分が何をほんとうに「恐れている」のかを

知ること、気づくことだけです。

 

なので

「恐怖に負けるな」という言葉は

違和を覚えます。

恐れと勝負のように聞こえます。

 

良い・悪い

善・悪

損・得

勝ち・負け

いつまでそんなゲームをやるのでしょう。

 

長く長く、気の遠くなるほど

長く続いた そのゲームの

終わりのときが

いま、目の前に来ているというのに・・・

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 情熱から生きている? 

  2. 嘘のない瞳

  3. 見えている先にある観えないもの

  4. ハートと思考の違いを理解する☆スピリチュアルな気づき

  5. 変化する未来のビジョン(透視)だからこそ大切になってくるのが結局ここに…

  6. 「人として」のことは人としてで「スピリチュアル」とは違います

  7. 安心と不安☆本当は何を心配して何を求めているの☆スピリチュアルな気づき…

  8. 自分をあきらめて見捨てたいと思ってもそれでもあなたは大丈夫なのです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ