「恐れるな」それはほんとうでしょうか?

「恐れ」も

最初から備わっているという意味で

ただ「あるもの」です。

 

なんども記事で書いてきたことですけど、

あるものは

あっていいから

あるのです。

 

ないものは

最初から

ないんです。

 

だから

大切なのは

自分が何をほんとうに「恐れている」のかを

知ること、気づくことだけです。

 

なので

「恐怖に負けるな」という言葉は

違和を覚えます。

恐れと勝負のように聞こえます。

 

良い・悪い

善・悪

損・得

勝ち・負け

いつまでそんなゲームをやるのでしょう。

 

長く長く、気の遠くなるほど

長く続いた そのゲームの

終わりのときが

いま、目の前に来ているというのに・・・

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分の偏っている価値を相手に押し付けて人をコントロールしようとしてはい…

  2. 人が人を変えることチャネラーやヒーラーやカウンセラーならそれが出来るっ…

  3. それ、そんなに必要ですか? 

  4. 猫か人か

  5. 天に委ねるだけで何とかなる?その前に!自分の本当の望みを知って決めてか…

  6. 人を変えたいと思うのがエゴですゲームを止めて自分が変わる☆スピリチュア…

  7. 歩き続ける

  8. スピリチュアル時代はレッテルをまとい空(くう)は色さえもまとわない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ