マスク着用は永久的な神経障害を引き起こす!強要するのは絶対的な医学的禁忌・犯罪です!

Sachi です♪

 

マスク。もういい加減やめませんかね? 健康な人にマスクは不要です! しかも小さな子供にまで。。。どれほど危険か。。。こちらをどうぞ。

 

マーガレット・グリーズブリッソン博士(MD、PhD)は、神経毒性学、環境医学、神経再生と神経可塑性に特別な関心を持っていて、薬理学の博士号を持つ、コンサルタント神経科医であり神経生理学者です。
これは、フェイスマスクとその脳への影響について彼女が述べていることです。

 

「吐いた空気を再吸入すれば、間違いなく酸素不足と二酸化炭素の洪水が発生します。
私たちは、人間の脳が酸素不足に非常に敏感であることを知っています。
例えば海馬には、酸素がないと3分以上も生きられない神経細胞があります。

 

急性の警告症状としては、頭痛、眠気、めまい、集中力の低下、反応時間の低下、認知システムの反応などがあります。
しかし、慢性的な酸素欠乏になると、それらの症状はすべて消えてしまいます。
しかし、あなたの効率は損なわれたままで、脳内の酸素不足は進行し続けます。

 

神経変性疾患は、発症するまでに数年から数十年かかることがわかっています。
今日、あなたが電話番号を忘れたとしても、脳の故障は20年前、30年前にすでに始まっているはずです。

 

マスクをつけて自分の吐く空気を再呼吸することに慣れてきたと思っている間に、酸素不足が続くと脳内の変性プロセスが増幅されていくのです。

 

第二の問題は、脳内の神経細胞が正常に分裂できないことです。
ですから、仮に政府がマスクを外して、数ヶ月後に自由に酸素を吸えるようになったとしても失われた神経細胞はもう再生されません。
消えたものは消えてしまうのです。

 

私はマスクはしません、私は考えるために自分の脳を必要としています。患者さんを相手にするときには、炭酸ガスによる麻酔ではなく、頭をスッキリさせたいのです。

 

酸素欠乏はすべての脳にとって危険なので、根拠のない医学的適用除外(免除)はありません。
ウイルスから身を守るために絶対的に効果のないマスクをつけたいかどうかは、すべての人間の自由な判断でなければなりません。

 

子供や思春期の子供にとって、マスクは絶対に禁物です。
子供や思春期の子供たちは、非常に活発で適応性の高い免疫システムを持っており、地球の微生物との絶え間ない相互作用を必要としています。
彼らの脳もまた、学ぶべきことがたくさんあるため、信じられないほど活発に活動しています。

 

子供の脳、つまり若者の脳は酸素を渇望しています。
新陳代謝が活発な器官であればあるほど、より多くの酸素を必要とします。子供や青年では、すべての臓器が代謝的に活動的です。

 

子供や思春期の脳から酸素を奪ったり、何らかの方法で制限したりすることは、健康を害するだけでなく、絶対に犯罪です。
酸素欠乏は脳の発達を阻害し、その結果として生じたダメージは元に戻すことができません。

 

子供が学習するためには脳が必要であり、脳が機能するためには酸素が必要です。
そのための臨床研究は必要ありません。
これは単純で議論の余地のない生理学です。

意識的に意図的に酸素欠乏を誘発することは、絶対的に意図的な健康被害であり、絶対的な医学的禁忌です。

 

医学における絶対的医学的禁忌とは、この薬剤、この治療法、この方法または手段を使用すべきではなく、使用することが許されていないことを意味します。

 

全人口に絶対的医学的禁忌の使用を強制するためには、そのための明確で重大な理由がなければならず、その理由は、権限のある学際的で独立した機関に提示され、検証され、認可されなければなりません。

 

10年後には認知症が指数関数的に増加し、若い世代が神が与えた潜在能力を発揮できなかった時、「マスクはいらなかった」と言っても仕方がないでしょう。

 

獣医師、ソフトウェア販売業者、ビジネスマン、電気自動車メーカー、物理学者が、国民全体の健康に関することをどうやって決めることができるのでしょうか?どうか、親愛なる仲間たちよ、私たちは皆、目を覚まさなければならないのです。

 

私は酸素欠乏が脳にどれほどのダメージを与えるかを知っていますし、循環器科医は心臓にどれほどのダメージを与えているかを知っていますし、呼吸器科医は肺にどれほどのダメージを与えているかを知っています。酸素欠乏はあらゆる臓器にダメージを与えます。

 

私たちの健康省、健康保険、医師会はどこにいるのでしょうか?ロックダウンに猛烈に反対し、ロックダウンを止め、最初から止めることが彼らの義務だったでしょう。

 

なぜ医療委員会は人に適用除外を与える医師に罰則を出すのか?本人や医師は、酸素欠乏が人に害を及ぼすことを真剣に証明しなければならないのでしょうか?私たち医師や医師会は、どのような医療を代表しているのでしょうか?

 

この犯罪の責任は誰にあるのか?施行したい人?それを放置して、それに付き合っている者か、それともそれを防がない者か?

 

マスクのことでもないし、ウイルスのことでもないし、健康のことでもない。それ以上のことをしている。私は参加していません。怖れてはいません。

 

お気づきのように、彼らはすでに私たちの呼吸する空気を奪っている(酸素使用を自粛させている)のです。

この時の緊急事態は、個人の責任です。私たちは、メディアにではなく、私たちが考えていることに責任があります。

私たちは、上司にではなく、自分の行動に責任があります。

私たちは、世界保健機関にではなく、自分の健康に責任があります。

政府にではなく、国で起きていることに責任があります。」

 

コメント:空気中のウイルス感染に対するフェイススクの有効性については科学的根拠はありませんが、フェイスマスク着用の危険性については科学的根拠があります。

  ~ さてはてメモ帳 ~ 

 

 

マスクは体に悪いというだけではありません。 あなたがどれだけ従順か、見られているのです。

マスクは奴隷の象徴だ。今の日本人は奴隷同然だ。   から一部抜粋

 

“一億総家畜化”

“一億総奴隷化”

 

完全に今成功してますよ。

 

だってみんなマスクつけちゃってるじゃないですか。

元々マスクは奴隷の象徴です。

ほぼ奴隷化洗脳完了ですね。

 

 

あまり時間はないですよ。

あなたがこの情報を知っていたとしても、あなたの隣にいる人は

この真実を知ってますか?

知らないでしょ。

 

世界ではノーマスクで大規模なデモが各地で起こってる

ドイツでは130万人のデモも行われた

 

日本人は従順に、マスクつけてるわけですし

文句も言わない。

 

今、世界は戦争してるんですよ

平和的にこの戦いに勝利するためにすれば良いことは

 

たった二つ

「マスクを外すこと」

「声をあげること」

 

この二つだけです。

 

この記事はシェアしていただいて構いません。

みなさん急いでください。

 

厚生省は、しらばっくれてますけど、裏ではワクチン強制摂取の法案を作って通そうとしています

 

目醒めよ、日本人

マスクを外せ

声をあげろ

自分の子供にどんな未来を遺していくつもりだ

                                             全文はこちらで➡ ~ 望月龍平 ~

 

もう本当にいい加減 メディアに煽られ 洗脳され誘導され続けていることに気づきましょう。

このまま行けば子供たちに自由な未来なんてありません!!

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 6/9現在、コロナワクチン接種後の死亡者196名!でもこれは氷山の一角…

  2. この騒ぎを逆からたどれば必ずその先には誰かの意図と目的がある

  3. 《教授からの電話》中村先生のnoteより。メディアで嘘をつく専門家たち…

  4. コロナワクチンは人体実験は行わず、動物実験も動物がすべて死んだため中止…

  5. コロナワクチンを受け入れますか?グレートリセットを受け入れますか?

  6. 知れば知るほど怖いコロナワクチン「新型コロナウイルスの RNA がヒト…

  7. コロナワクチンが危険という嘘と陰謀論はうんざり?

  8. コロナワクチン副反応には報道規制がかけられている!リスクを周知させない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ