ハートが知っている真実、ハートチャクラから観えてくるもの

Sachi です♪

 

セラピスト活動をしていた頃のメニューで、チャクラリーディングと言う、意味はそのままですね それぞれのチャクラの情報を読み取って伝える、と言うのと、

 

 

過去世リーディング こちらも意味はそのままで 今の現実に一番影響を与えている過去世を透視して伝える っと言うセッションで、この2点のセッション時のみ ハートチャクラを観ていくと、どんなクライアントさんであっても、まず海が観え、その海の底まで行くと突然 宇宙が広がっていました。

 

 

誰であっても、どうしても同じように一旦必ず宇宙に行きついてしまうのです。 それが本当に不思議でなりませんでした。

 

 

宇宙。 そこには何もありません。

 

 

音もありません。 静寂でした。

 

 

例えるなら「無」

 

 

温かくもなく、冷たくもなく、

 

 

嬉しくもなく、悲しくもなく、

 

 

ただ宇宙が在る それだけでした。

 

 

しばらくそこでそのまま見続けていると、やっとリーディングが始まっていきました。 でもそれまでは ただ宇宙が在るだけでした。

 

 

この事は次第に慣れてしまい、なぜ毎回 宇宙なのかと不思議にすら思わなくなって、そしてやがて・・・忘れてしまいました。

 

 

それが、空(くう)に触れたあとに、そのことを突然 思い出しました。

 

 

ハートだけが真実を知っている。

 

 

そう言われるのは、ハートを通して 空(くう)、全体意識 気づいている意識 へと繋がっているから。

 

 

そして、一人一人のハートは、観えない世界では同じ所に行きついている。

 

 

と言うことは、みんなおなじ 気づいている意識 から在る。

 

 

あ!一周回った。

 

 

表裏一体

 

 

ハートの表と裏

 

 

ハートの表はこの世界、ハートの裏は宇宙

 

 

あなたと私

 

 

結局どこまでいっても、分離はない。 あり得ない。(もちろん私の世界は私しかいませんが、おなじことです。私は何とも分離はしていない。)

そんな気づきでした♪

 

 

読んで頂き ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ハートを感じる感覚が分からない超感覚を呼び覚ます方法ってある?

  2. 批判はなくならないのはなぜ?☆スピリチュアルな気づき

  3. 愛なのか恐れなのか

  4. どんなに悪いことが起こっても感謝するのがいいという偽スピリチュアル

  5. 波動はどうしたら高くなるのか方法があるとしたら?性格が関係すると思うの…

  6. 自分の偏っている価値を相手に押し付けて人をコントロールしようとしてはい…

  7. 会話が途切れて沈黙になるのが嫌い・怖いと言う人がいる

  8. 自分を大切にするとは?ハートと体の声を聴く☆スピリチュアルな気づき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ