君が逝った・・・3月の遠い記憶 

あれから・・・

どれだけの季節が過ぎたか知ってる?

 

君だけが歳をとらず

若い頃のままで

今ではズルイなと思うよ

 

もちろん肉体が

君自身でないことを

今の私は知っていても

そんな風に思えるよ

 

もう3月も終わるよ

 

私はまた

君のことなんてすぐに忘れて

夏・秋・冬と 夢中で過ごすよ

 

早くに逝ってしまった君の分まで!

なんて言うつもりもない

 

生きる長さを損得で

意味づけなんてしない

比較もしない

 

ただ 素直に

自分を生きるよ

観じて生きるよ

 

 

読んで頂きありがとうございます

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分の中で起こっているから自分が考えていると信じて疑わない 

  2. 見えているものと観えていないもの 

  3. 他人に厳しい・人に優しく出来ない自分が嫌だと思っているなら本当の自分に…

  4. 非二元の「わたしはいない」「問題は起きていない」のキケンな罠にはまる

  5. 場のエネルギーを感じてしみじみ思う

  6. 良いか悪いか・正しいか間違いか・たった一つの正解や真実があるわけじゃな…

  7. 誰であれば私を正しい方向へと導いてくれるのかという幻想 

  8. 愛は何にも属さない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ