君が逝った・・・3月の遠い記憶 

あれから・・・

どれだけの季節が過ぎたか知ってる?

 

君だけが歳をとらず

若い頃のままで

今ではズルイなと思うよ

 

もちろん肉体が

君自身でないことを

今の私は知っていても

そんな風に思えるよ

 

もう3月も終わるよ

 

私はまた

君のことなんてすぐに忘れて

夏・秋・冬と 夢中で過ごすよ

 

早くに逝ってしまった君の分まで!

なんて言うつもりもない

 

生きる長さを損得で

意味づけなんてしない

比較もしない

 

ただ 素直に

自分を生きるよ

観じて生きるよ

 

 

読んで頂きありがとうございます

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 身体が弱いのはなぜ?エネルギーが循環する本当の自分で生きること☆サイン…

  2. エゴ・思考とハート・歓びからの気づきは意味も違うし結果も違うもの

  3. 敵はいない、最初からいない、戦わない、まずは自分から光を放とう

  4. 現実世界で矛盾がなくならないのはなぜ?☆意識が逆転して矛盾はなくなる

  5. 過去の怒りは変化していく?気づくことは目覚めの始まり

  6. 過去は変えられない自分のせいだと引きずり苦しい☆本当のことを言いますね…

  7. まだ知らない自分のことを本当の自分と言う??

  8. エゴは抵抗しても宇宙のリズムは完璧ですべてはうまくいっている

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ