要注意!コントロールされてはいけない霊感があることとメッセンジャーであることは必ずしも同じではない

Sachi です♪

先月、伯母が亡くなって・・・今日で半月ほど経ちました。

 

突然死ではないこと、年齢的なことや、親族・親類は仲が良いため和やかに見送れた通夜・葬儀でした。

 

私が霊感体質なことは身内はみんな知っているため、さっそく“ 今回(亡くなったことに)何か兆候あった? ”と聞いてきます。

こんな会話がどんな場所であってもできる、私を受け入れてくれていることに幸せだな~としみじみ感じます。ただし身内は私には「霊感がある」と言うだけの認識なので私のしていること、してきた活動等を全く知りません(笑)

 

そして、観えない話のことは、聞かれれば答えます。。

逆に聞かれていないことは、すべてスルーで あるがままにしています。

 

なので 長く黙っていたことがやっと言えました。。。

 

それを聞いて “ やっぱりそうなんや~ ・・・・ 職場で霊感のある人がいてて、その人もおんなじこと言うてた。。 それにそういう能力は、あんたが(私のこと)親族代表ですべて受け取ってるねんて・・・ ”

 

と言われて・・・。。。いやいや、そいつ誰やねん?(一一”) って感じですが・・・邪魔くさいので スルーしました(笑)

 

もしこれが「恐れ」から相手に話していることであれば、絶対に身内には注意しますが まあ今回はそうではなかったのでスルーしました。

スポンサーリンク

[魔百合の沙弓は視た! シリーズ] 会社員だけど霊能者修行始めました (1) (HONKOWAコミックス)

霊感あるある

と言うのも 観えない話で「あるある」なのが、霊感というのは基本 使っているか、いないかだけで誰にでも備わっているものなんですよね。

 

それなのに 霊感があるからと言って、メッセージを伝えて、相手をコントロールしようとする人がたまにいるんですよ。

 

例えば、

○○が見えたから〇〇した方がいい。そうでないと△△になる。と言う人ですね。

 

これは、メッセージでも何でもありません! これでは ただのコントロールです!分かりますか?

 

そうでないと△△になる と言われしまうと、え?っとなって恐怖しか残りませんよね?

そしてこれだと選択肢が1つしかありませんよね? しないと△△になるから〇〇するしかない。

これはアドバイス・メッセージと言いながら相手を誘導しています。コントロールしているんです。

 

 

これらは「恐れ」に基づいているためアドバイスでもメッセージでもありません。

 

 

ほんとうのメッセージは「愛(ハート・いのち)」に基づくものであって、「恐れ」には決して基づいていません!

 

なので相手の気持ち・行動・ビジョンを狭めるようなメッセージが出るわけがないのです。

 

霊感が一ミリもない人間はいません! みんな同じように持ってるけれど活用しているか、いないか、だけの違いなんです。

 

だからいくら霊感があったとしても メッセンジャーだと言う事ではないんです。

 

霊感があっても正しく使っていない人は、恐れに基づくことしか言いません。 でも聞く方にも同じく恐れが多いと そこを揺らされるため、その恐れから逃げたい一心で信じてしまうんですよね。

 

言う通りにしておけばうまくいくはずだと。怖いから言う通りにしておこうと。

 

そうやって相手を信じて自分のパワーを放棄してしまうわけです。

 

そのため気づいたら 共依存の関係 になっている。本末転倒ですよね。

 

でも、それを回避するのは簡単です。

この世界のすべては「愛」か「恐れ」かの二つからしか始まっていないので

「これはどっちに基づいている?」と自分に問うことですね。

そうすれば そのような人とはどんどん縁遠くなりますよ♪

 

読んで頂きありがとうございます

スポンサーリンク

山本まゆりの霊界ぶらり旅 (あなたが体験した怖い話)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 天使は好き?大天使ミカエルの波動(エネルギー)に思わず後ずさる

  2. どこでもいいからパワースポット(神社)に行きたい!から行こうとしたその…

  3. 天使のサインの「羽根」が欲しい☆3枚の羽根をもらったお願いの方法とは?…

  4. 霊は本当にいる?いない?聞かれたら当然いますよ 霊が怖かった子供時代

  5. ヒーラーとの出会いからスピリチュアルの世界へ自分を癒すヒーラーに

  6. リラックスし過ぎると勝手にビジョン(透視)は始まるけれどそれは観てもス…

  7. 自分にとって相性が合う神社の見つけ方☆たったひとつの基準はこれ☆

  8. 天使談☆エンジェルに目覚ましを頼んだら予想もつかなかった最悪の結果に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ