誰であれば私を正しい方向へと導いてくれるのかという幻想 

ほんとうの意味で

 

『 私 』を導けるのは

 

私だけです。

 

もちろん、人というのは気づいていても、いなくても

 

生きているというだけで

 

既にたくさんの人たちに支えられています。

 

けれど

 

ほんとうの意味で

 

『 私 』を動かすことが出来るのは

 

私だけなのです。

 

誰かが変わりに私を動かしてはくれません。

 

そして、

 

『 私 』を動かすのに必要なもの

 

それは、

 

自分自身を信じているという

 

『 自信 』です。

 

『 自信 』は『 私 』を動かすことができます。

 

 

つまり・・・

 

自分を信じている『 私 』しか

 

『 私 』を正しい方向へと

 

導びくことはできないのです。

 

 

そう、

 

あなたが

 

あなた自身を導ける

 

唯一の人なのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 意味なんて求めるな 

  2. 「人として」のことは人としてで「スピリチュアル」とは違います

  3. どんな職場でも必ず一人はいるんだよね、めんどくさい人、仕事が出来ない人…

  4. 自分が望むパラレル・ワールド・自分と同じエネルギーのパラレル・ワールド…

  5. スピリチュアル時代はレッテルをまとい空(くう)は色さえもまとわない

  6. 変化する未来のビジョン(透視)だからこそ大切になってくるのが結局ここに…

  7. 自分の偏っている価値を相手に押し付けて人をコントロールしようとしてはい…

  8. 乾いたハート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ