自分の見たいように見ている世界☆それって動物園の檻の中?

Sachi です♪

何度も言って耳タコでしょうが・・・

 

この世界は、それぞれが見たいように観て、知りたいように知って、

 

自分の信じていることだけで出来ている世界。

 

なんですよね。

 

じゃあ、その見たいようにって 何?となると

 

見たいようにとは、

 

動物園のサルを見る と言っても

 

サルの顔を見るのか

サルの体を見るのか、パーツなのか

檻の中にいるサルとして見るのか

サルを見ている人を見るのか・・・

サルが見ているモノを見るのか・・・

・・・

と言う見かたでもあったりするし、、、

 

また

サルを思い浮べてね、と言ったとき

 

〇〇動物園の檻の中にいる・・・さる

 

別の動物園の檻はない・・・さる

 

日本にいる野生の・・・さる

 

アフリカの・・・・さる

 

カンボジアの・・・さる

 

外国にいる野生の・・・さる

 

地球にいる・・・さる

 

宇宙の中の地球にいる・・・さる

 

のように、観えていないサルだって

見たいように見ている。

という感じで、

見かたなんていうのは見る人の自由自在。

 

 

そう言うと、、、、

 

え?そんなの当たり前でしょ?。

そうだね。

ふ~ん、で何?。

って、1秒でスルーできる人と、

 

360度自由自在。。。

自分は使っている?

なぜ使わないんだろう?

って、自分に問う人と・・・

 

境界線はなくても

どちらかに分かれる。

・・・

 

この違いが

 

意識の在り方の違い

 

でもあるよ。

 

という話でした(*^-^*)

 

 

読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分の偏っている価値を相手に押し付けて人をコントロールしようとしてはい…

  2. 思考が現実化する意味が分からない人へ☆すべてはエネルギーどこにフォーカ…

  3. わたしと言うイメージ像

  4. 魂が成長する学びの場だと信じていたスピリチュアル時代の勘違い?

  5. 観る側と観られる側 世界は思考の数だけあるけど何か問題でも?

  6. 自分の本当の気持ちが分からないのはどうして?過去の感情は終わらせてます…

  7. ハートの不感症

  8. エゴが出す幸せの答えとは☆人の幸せと自分の幸せ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ