「恐れるな」それはほんとうでしょうか?

「恐れ」も

最初から備わっているという意味で

ただ「あるもの」です。

 

なんども記事で書いてきたことですけど、

あるものは

あっていいから

あるのです。

 

ないものは

最初から

ないんです。

 

だから

大切なのは

自分が何をほんとうに「恐れている」のかを

知ること、気づくことだけです。

 

なので

「恐怖に負けるな」という言葉は

違和を覚えます。

恐れと勝負のように聞こえます。

 

良い・悪い

善・悪

損・得

勝ち・負け

いつまでそんなゲームをやるのでしょう。

 

長く長く、気の遠くなるほど

長く続いた そのゲームの

終わりのときが

いま、目の前に来ているというのに・・・

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 探し物

  2. 神さまはいる?神社でお願いごとをしても叶わなかったのはなぜ?愛されてい…

  3. 人生は勝手に起こっているならどうする?

  4. 歩き続ける

  5. 思考が現実化する意味が分からない人へ☆すべてはエネルギーどこにフォーカ…

  6. 生まれたことはない

  7. ほんとうのことが隠れているところ

  8. バイブレーション 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ