わたしがどこを歩こうとわたしの自由

 

 

あなたがどこを歩こうとあなたの自由であるように

わたしがどこを歩こうとわたしの自由なのです。

そのことにどうして許可がいるのでしょう?

 

わたしが存在することを

あなたに認めてもらう必要はないんです。

 

 

最も大切なのことは

他の人がどう感じているか、どう考えているのか ではありません。

 

自分がどう感じ、観じているのか?

それを信じて行動する。

これ以外に大切なことなど ありません。

 

 

あなたがほんとうはどう感じて、観じていて

どうしたい、どう在りたいのか?

 

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 私はあなたと同じ世界を観ていない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ