【ノンデュアリティ】の扉

Sachi です♪

 

先日も言ったけど

綴ることがないわけじゃない・・・し、

綴りたくないわけでもない・・・

 

 

前は、日本にワクチンが到着した時

その『ストーリー』には巻き込まれないでね!

っていうことである程度の記事を書いたもんね。

 

でも

6月末・・・正確には夏至の日だったんだろうけど・・・

あの日を境に エネルギーが変わったから

私もそこで書くのを終えたんだけど・・・・

 

 

そこからはただ この『ストーリー』を観察してるだけ・・・

なので

ワクチン反対!! みたいな活動なんかもしてないの。

あ、ワクチンは反対だけどねw

 

 

でも今

かつてない 世界共通でこんな壮大な『ストーリー』を全員が観ているのに!

なのに何も書かないの? それってどうよ?

っていう気持ちだって あるw

 

 

あるけど・・・

結局、今わたしのやってることは

二元 と スピリチュアル と 非二元 を

ただ順番に 観てるだけw

 

 

観てはいるけど・・・

【何も起きていない】。

ことに気づいているから、どうする?って思う。

でもいまはその意味を綴るのが面倒くさいな~と思ってるw

 

 

『ストーリー』に対して

ほんとうに言えることって

『ノンデュアリティ』の話になってしまう。

でもそれを文字に起こすのって簡単じゃない・・・つまり邪魔くさいw

 

 

それに文字にした所で【理解】する類のものじゃないし・・・

伝えて、言って、書いて、皆が、あ~そうなんだね、良かった~

って、一件落着にならない。

 

 

『ノンデュアリティ』の扉を開けることができるのは

『気づき』だけ。

 

 

だからって 気づけない人がダメって意味じゃないからね。

それに『ストーリー』の中にずっといたければ それはそれでありだから。

好きに生きればいいの。

 

 

本来はエゴの世界こそ

自分勝手に生きれる世界であり

好きに生きればいい ものなのに

この『ストーリー』を観るものには それを許さないのが いただけないw

 

 

とりあえず言えるのは

『ストーリー』の中にいては【気づき】はやってこないよ。

そこには【扉】はないからね。

ってことです☆

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. この世界ってホラー?w マイノリティのいつかどこかのわたしへ

  2. 六月三十日 夏越の大祓を境に終わりと始まり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ