幻想現実世界の幻想と洗脳の幻想の違い

 

非二元・・・ノンデュアリティな意味から

いま見ている・・・人生を生きている この世界のことを

『幻想』と表現したりするよね。

 

 

ピッタリと当てはまる言葉がないことを知っていて

けれど綴るには言葉が必要なわけで・・・

だから しっくりこなくても

他にないから 使う

 

 

それを踏まえて・・・

 

この幻想現実世界の中で

かつてない世界規模で・・・

それとは意味の違う『幻想』が繰り広げられているよね。

いまそれを呆れた気持ちでずっと見てるけど・・・

そして思い出す、ピッタリな例えば話を・・・

 

 

『羊の柵』の話だよ。

他の人も誰か書いてないかな~って探したら あった ♪

写真付きで説明してるのがあった☆ こちら☆彡

 

この【羊を制御するなら、柵があると思わせる】

今起きてることと同じでしょ?www

『羊』を『人間』に置き換える。だけ。

 

 

『羊を制御するなら、柵があると思わせる』

『人間を制御するなら、恐怖があると思わせる』

まんまと・・・そして、あっという間にこのありさまw

 

 

柵はもうないのに

それを見ようともしない羊

柵があると思いこんでいる羊

羊は 言葉通りの『幻想』を生きている。

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. こことあちらの境界線

  2. 横ではなく縦が好き

  3. 強く願う私のために世界はあり続ける

  4. 雨の日の海

  5. ストレスフリー

  6. 血のように

  7. 信じていない力

  8. 被写体のフェチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ