強く願う私のために世界はあり続ける

 

 

スピリチュアル時代にすでに気づいてしまったこと・・・

 

病気で苦しむ人を助けるために

医者がいるのではない。

 

苦しんでいる人を助けたいと

願う医者がいるから患者がいる。

 

病気は悪だ、病気を無くしたいと

願う人がいるから

病気はありつづける。

 

 

なのでスピリチュアルでも同じ

過去の自分と同じように苦しんでいる人を助けたい。

 

苦しんでいる人を助けたいと思う限り

苦しんでいる人は現れ続ける。

そう強く願う あなたのために。

 

 

悪だ、排除だ、拒否だ、無くなれと

願う限り

それはあり続ける。

 

 

こうして

単純なトリックの中に

永遠にいつづけるハメになる。

 

 

視点を変えろ!!

 

この世界は

【問題】と【答】は

同時に現れるのだから

 

【問題】が

『病気で苦しむ人』であれば

【答】は

『医者』ではない。

 

気づけ!!

 

 

スポンサーリンク

  • コメント: 0

関連記事

  1. こことあちらの境界線

  2. 光であれ

  3. 血のように

  4. 自分をいつわるニセモノのあなたをエゴという

  5. 幻想現実世界の幻想と洗脳の幻想の違い

  6. 信じていない力

  7. 被写体のフェチ

  8. 雨の日の海

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ